ニコール・キッドマン プチ整形・ボトックス注射を認めた!

ここ数年、お直し疑惑が一番騒がれたハリウッド女優といえば、ニコール・キッドマン。しかしコレまで一度も美容整形を認めてこなかったニコールが、ドイツの雑誌インタビューで、遂にプチ整形を認めたという。

43歳のニコール・キッドマンは「私はいままでいろんなことにチャレンジしてきたわ。でも、エキササイズと食生活に気をつけること以外は、あまり役に立たないわ」と前置きした上で「私はボトックスだってやったことあるもの」という。

ボトックスとは、ボツリヌス菌を顔筋肉に注射することで、筋肉を麻痺させて、皺をなくすもの。5年くらい前から欧米では一般化しているが、皺がなくなるものの、表情が乏しくなるデメリットもある。

「でもボトックスの結果はあまり気に入らなかったの。だからもう一切してないわ」と、現在は注入系プチ整形をしていないという。

「ほら、だからおでこの筋肉だって、今は動くのよ」だとも。ボトックス注入は半年くらいで元に戻るが、ニコマンの場合、2008年ごろに美容整形外科が「彼女はボトックスしすぎだ」と指摘したことも。「今の顔は完全にナチュラルよ」と断言している。

というのが上の画像の顔なんですが、メイクでカバーしようというのか、またお粉ばばあに!でも、MAXにヤバかった来日時のこの頃に比べたら、これでもナチュラルですが。

ニコール・キッドマンのお直しを斬る!
ニコマンのオツパイは...

アーカイブ