アカデミー賞ノミネートに「トイ・ストーリー3」がどんだけホンキだったかの証拠ポスター

ハリウッド映画界は昨年公開された作品の賞レースまっさかり。昨晩はSAG(全米俳優協会)による受賞式があり、残す大物は英国アカデミー賞BAFTAと本命・アカデミー賞の2つといったところ。

先週25日にはアカデミー賞のノミネート作品の発表も終わったわけですが、受賞しなくてもノミネートされるだけでその作品・俳優・スタッフの価値があがってしまうアカデミー賞だけにどの映画も売り込みに必死。

そして昨年、もっともヒットした映画といえば「トイ・ストーリー3」で、歴代映画の興行成績をみても、あの「アバター」に次ぐ2位に君臨したわけです。

もちろんアカデミー賞にはアニメーション部門が2001年から創設されて、ピクサー・ディズニー映画は3年連続受賞、この10年で今までに落としたのは「モンスターズインク」(シュレックに敗れる)「カーズ」(ハッピーフィートに敗れる)だけの7度受賞。

すでに公開日決定前のティーザーポスターから「この夏一番のファミリー映画!」「期待のアニメ第三弾!」といったコピーではなく「今夏一番のコメディ映画」と謳っていることからも想像できるように、「トイ・ストーリー3」的にはアニメーション部門は当然のノミネート、ぶっちゃ作品賞ノミネートが欲しいんだよ、おいら。というのが、オスカー売り込みのポスターに表れています。


「トイストーリー3」の場面と過去のオスカー受賞名作映画をひっかけたパロディになっていて、左から「羊たちの沈黙」「シェイクスピアの恋」「ロード・オブ・ザ・リング」で、たとえば"「羊たちの沈黙」以来、こんな....な映画なかった~!"といったニュアンスかな。

これらのポスターは業界紙・雑誌に掲載されるほかに、なんとハリウッドの看板にまで。めっちゃつぎこんでます。そしてそんなトイストーリー3はめでたく
●作品賞 ●アニメーション映画賞 ●脚色賞 ●音響編集賞 ●主題歌賞
の5部門にノミネートされました。

このシリーズはほかにもいっぱい!ネットで検索していたら「種類がいっぱいありすぎて、ポイントがわからない」とアホなコメントをしていたマーケティングサイトをみつけましたが、要はTS3の各場面を(アニメではなく)一般のライブアクション映画と比較することで暗に「ほかのアニメ映画と勝負しているのではなく、トイストーリー3を"ソーシャルネットワーク"や"英国王のスピーチ"のような一般映画として捉えてもらいたい」と訴えながらも、ピクサーらしいしゃれのきいたパロディ精神を失っていないスバラシいクリエイティヴだと思います。

ということで、以下のポスターの元ネタはなんでしょう!?

上記ポスターの元ネタ映画
1段目左から)
ロッキー ●戦艦バウンティ号の叛乱 ●雨にうたえば ●スティング
 
2段目)
○アニー ○フレンチコネクション ○プラトゥーン ○アメリカン・ビューティ

3段目)
●スラムドッグ・ミリオネア ●ゴッドファーザー2 ●タイタニック ●波止場
私は本編見たときに「タイタニック」に使われているシーンはは「シンドラーのリスト」っぽいと思いましたけど。

アカデミー賞ノミネートリスト
ラジー賞ノミネートリスト


アーカイブ