ガガ様もお気に入り♥全米にアジアンパワーを席巻させた!ファー・イースト・ムーヴメント生ライブ参戦レポ!

先月「スッキリ!」にも登場していたのでご存知の方も多いと思いますが、『フライ・ライク・G6』が全米1位になった極東エレクトロ・ヒップホップ集団「ファー・イースト・ムーヴメント」のLAで行われたライブに行ってきました!

FMはレディー・ガガの来日ライブオープニングに抜擢されたのがブレイクのきっかけといえるほどですが、私はファーの生ライブを見たことがなかったので、グラミー賞取材でいらっしゃっていたユニバーサル・ミュージックさんにライブ観戦のお誘いを受けて「絶対行きたいです!!!!ありがとうございますうううう」と即答してしましました。

"ライク・ア・G6(超高級プライベートジェット機Gulfstream G650のことで、一機50億円以上で、空のロールスロイスとも言われる20人乗りビジネスジェット)に乗ってるみたいに"というキャッチーかつ衝撃的にクールなフレーズで昨年全米1位になる大ヒットした『ライク・ア・G6』はカニエ氏らも絶賛。このフレーズは流行語といってもいいかも。

こんなにクールな曲がアジア系アメリカン4人のLAロコボーイたちによるものだと知ったときには、全然関係ないのに自慢げに思ったものです。4人のメンバーは全員サングラス姿ですけど、イケメンなのは日本・中国ハーフの人ですよね~しかも名前は「西村さん」ですよ!!本当はケヴィン・ニシムラさんですが。ラッパー名は本名をもじって、ケヴニッシュですよ!!!!クール極まりなし★

20歳前後の人でいっぱいに埋まった会場ではライブが始まるとFMの地元LAということもあって即席クラブ状態。CDとは全然違ってライブだとぐだぐだになっちゃうラッパーも結構いたりしますが、彼らはきっちりラップをしつつも、ライブのノリを忘れない、アゲアゲのテンションをさそうパフォーマンスもできる仕事キッチリ感は、「来てくれたお客さんたちに損はさせない!喜んで帰ってもらおう!大感謝です!」的なアジア的な律儀さも感じられて、終始あきさせない本当にいいライブでした。

ライブでは途中、ビースティ・ボーイズに敬意を表したビースティのマッシュド・アップのプレイがあったり。とはいってもビースティのワナビーでも、ブラックミュージックのワナビーにも感じないし、彼らとっても頼もしいです。

ライブの最後は『ライク・ア・G6』に続いて最新シングルでこちらもヒット中の『ロケッティア』。アゲアゲな他の曲と違って美メロ系の『ロケッティア』ですが、こちらもライブでもうまかったし、OneRepublicのライアン・テダーも登場していたのはLAファンへのご褒美。



そしてなんと最後にはメンバーとご挨拶もさせていただきました!!もうみんな超いい人。「明日はグラミー見に行くの?えー僕も行きたい!」とか、かわいい。「来年、ノミネートされて(グラミー賞に)行けるよ」というと、「あーそうなるといいな」とにこにこしてました。(このときはサングラスしてないの)
残念ながらケヴィニッシュ・西村さんは本当はライブでも体調があまりよくなくて(ライブではパワフルで気がつかなかっった)、チラッとご挨拶だったので、一瞬しか生見できませんでしたが、満足っす。

Far East Movementの日本語公式サイト

アーカイブ