泥沼養育権があっけなく終止符 元カレが告訴取り下げでハル・ベリー娘争奪戦に勝利

ハル・ベリーと元恋人で2歳半の娘ナーラちゃんの父親であるガブリエル・オーブリーさんとの養育権争いで、オーブリーさんが裁判所への養育権と配偶者慰謝料の申し出を取り下げたことが明らかになった。

円満破局しているといわれていたハル・ベリーだったが、12月中旬にオーブリーさんがハルに養育権を求める申し出を裁判所に提出すると伝えられ、書類は30日に提出されてから、お互いをののしりあうような泥沼の養育権争奪戦が起こっていた。

「オーブリーは娘ナーラちゃんがいうことをきかないとすぐにかっとするようになり、ナーラちゃんがオーブリーを怖がるようになった」「オーブリーはナーラちゃんが黒人だといわれると、気が狂ったように怒り出していた」「オーブリーはハルのことを差別的に黒人だと呼んでいた」などといったことがハル側から伝えられ、さらに「オーブリーがキム・カーダシアンと交際し始め、彼女はナーラちゃんに悪影響をもたらすのでかかわって欲しくなかった」ともいう。

これに対してキム側は「オーブリーと一緒に2.3度ナーラちゃんと会ったことがあるけれど、たとえば街中でナーラちゃんをみかけても、オーブリーが一緒でなければそれがナーラちゃんだとは私は気がつきません」と、ナーラちゃんに悪影響を与えるほど密接にナーラちゃんと関わっていなかったと強調した。

この裁判のためにハルはNYで撮影が始まる映画「ニューイヤーズイヴ」を降板することにもなったが、昨日、取り下げを申し出る書類がオーブリーさんから提出され、当事者同士でなんらかの合意があったと見られている。
このため、ハルは降板した映画の撮影にも参加することになった。

確かにキム・カーダシアンは2歳半の子供には濃すぎる!

キム・カーダシアン ファッション雑誌「ちゅくびまる出し聞いてない!!」とまたも今さら激怒!

アーカイブ