【SATC】サラ・ジェシカは年寄り過ぎ!?新キャリー・ブラッドショウにブレイク・ライブリー...と噂!

テレビ・映画で大ヒットした『セックス・アンド・ザ・シティ』といえば、主人公でNYのキャリアウーマン、キャリー・ブラッドショウは、サラ・ジェシカ・パーカーのハマり役。

しかし次回作では、キャリー・ブラッドショウを演じるのは、SJPではなくてブレイク・ライブリーだとの噂が飛び交っている。

というのも、実は次回作はSATCの作者キャンディス・ブシュネルが執筆した「SEX AND THE CITY キャリーの日記(The Carrie Diaries)」をもとにしたものが検討され、この原作ではキャリーがNYへ上京する前の1980年代を舞台にしたものだという。

同じく映画化の原作として考えられている続編「Summer and the City: A Carrie Diaries Novel」ではキャリーが19歳になってこれからNYに赴くところだということで、いくらなんでも45歳のSJPがティーンエイジャーを演じるのはどう考えてもキツい...そこで白羽の矢がたったのが人気ドラマ「ゴシップガール」でNYのファッションアイコンになっているブレイクが注目されているとのこと。

すでにSATCのプロデューサーのキング氏はプレコール小説の映画化に乗り気で「SJPらを次回作に起用する予定は今のところない。プレコールの映画化はキャリーのNY上京の最初の数ヶ月を中心に、年上男性との恋愛などを描いて新鮮なSATCにするつもりだ」とか。

今年のラジー賞(↓)の最悪主演女優賞有力のSATCですが、ノミネートが"4人の女友達全員"となっているのは、SJPだけだと「またSJPだけ!?ひいきしないでっ!」ということにならないように...とのラジー賞なりの思いやりかもしれません。

最悪映画に贈られるラジー賞ノミネート発表! ジェシカ・アルバ,マイリー親子,ミーガン2部門,『SATC2』7部門,トワイライト最多! 充実のノミネート陣

アーカイブ