WTF!?スマッシング・パンプキンズの女性ベーシストは93年のアルバムジャケットの少女だった!?


昨年からスマッシング・パンプキンズの正式メンバーになった女性ベーシストの二コールが、実は83年に発売されたスマパンのセカンドアルバム「サイミアーズ・ドリーム」でジャケット写真になっている2人の子どものひとりであることが発覚した!とビリー・コーガン本人が伝えている。

ビリーはツイッターで「でも二コールはこのおかげでスマパンに加入できたと思われたくないから、今まで黙っていたんだって」と述べている。

が、二コールは現在31歳。93年には14歳くらいのはずだが、ジャケット写真はどうみても7歳くらい。このスマパンのジャケット写真を撮影した当時のカメラアシスタントもローリングストーン誌に「写真はこのジャケットのために撮影された」と、過去のアーカイブやカタログなどの写真を使ったわけではなく、ジャケット写真のこどもは当時の年齢だったはずだと語っていることから、あまりにもジャケット写真の女の子が二コールに似ているので、ちょっとしたギャグでツイートしたのだろうと同誌は伝えている。

自分でもびっくりするんだけど、昨年夏に行ったフェスに出演していたスマパンの写真を見返したら、ハゲビリー・コーガンの写真は100枚くらい撮っていて、私の後ろで見ていたファーギーの写真や田中課長ギタリストでさえ20枚くらい撮っているのに、肝心の二コールの写真は一枚も撮ってない!

アーカイブ