【速報】国歌斉唱クリスティーナ・アギレラ スーパーボール開幕式の大舞台で歌詞を間違える!

アメリカ現地時間6日午後5時(日本時間7日午前8時)から、スーパーボウルXLVの開幕式がスタートしたが、全世界で10億人以上がテレビ中継を見るといわれているこの晴れ舞台で、国家斉唱したクリスティーナ・アギレラがまさかの歌詞間違えというミステイク!

黒のスーツにプラチナブロンドのロングヘアをなびかせて登場したアギちゃんは、さすがの歌唱力で観客を圧倒。しかし"O'r the ramparts we watched"という歌詞を"What so proudly we hailed" と繰り返してしまったらしい。

O! say can you see by the dawn's early light, What so proudly we hailed at the twilight's last gleaming, Whose broad stripes and bright stars through the perilous fight, O'er the ramparts we watched, were so gallantly streaming? And the rockets' red glare, the bombs bursting in air, Gave proof through the night that our flag was still there; O! say does that star-spangled banner yet wave, O'er the land of the free and the home of the brave?

...すると顔アップからすぐにカメラが急に「引き」や兵士の映像に変わったが、特にアギちゃんや中継カメラが動揺することはなく放送も何事もなかったかのように続行し、アギちゃん側からも正式なコメントはなし。

また国家斉唱の前に行われたのは「glee/グリー」(今年のスーパーボウル放送局もFOX)の主演リア・ミシェルによる「アメリカン・ビューティ」。こちらは問題なくお見事。

D姐のツイッターで実況アゲした画像つきツイートは、CM前コレ(絶唱)コレ(全身=歌詞間違え直後の引き画像からの寄り)

明日開催!スーパーボウル開会式で国歌斉唱をするアギレラのリハ写真...

アーカイブ