レディー・ガガ ミュグレーのパリコレでモデルデビュー&新曲披露 登場前にこっそり「吐くかもしれない」発言!

差別発言でジョン・ガリアーノがディオールを解雇された話題で持ちきりらしいパリコレで、もうひとつ話題なのが、ティエリー・ミュグレーのファッションショーで、ランウェイ・デビューを飾ったレディー・ガガだ。

ガガは、先日もメンズコレクションに楽曲を提供したティエリー・ミュグレーのコレクションに登場。観客には「プラダを着た悪魔」のモデルになったり、「ファッションが教えてくれること」でドキュメンタリー映画にも登場しているVOGUEの名物編集長としてもしられるアナ・ウィンターもいたとか。

初ファッションモデルの大役でステージにあがったガガは派手なメイクにタバコをくわえて登場して堂々のポーズ。実はミュグレーのデザイナーのひとりに抜擢されたNicola Formichetti氏はガガのスタイリストだった人物。

また、ショーの最後を飾ったのもガガで前身白のドレスに大きな帽子姿のガガは2人のデザイナーとともに大成功に終わったティエリー・ミュグレーのショーを締めくくった。

ショーに使われた曲は5月23日に発売される新アルバムに収録される一曲で「"Government Hooker」というもの。「ボーン・ディス・ウェイ」とはまったく違っ曲調でガガ自身も「お気に入りの曲のひとつよ。ヒップホップビートがきいているでしょ」と話している。

しかし、ステージに上がる直前のガガの言葉を聞いた人によれば、アシスタントに向かって「もし私が(ステージで)吐いたら、いい宣伝になるわよね」と漏らしていたというから、割と緊張していたのかもしれない。

レディー・ガガ新音源!「ボーン・ディス・ウェイ」リミックスがファッションショーでサプライズ初公開!! なんでミュグレー?と思ったら、「恩返し」なんですね。いい人だ、ガガたん。

アーカイブ