泣ける!マイケミが日本支援のために急遽レコーディング!「"日本の為に歌え" SingItForJapan」ビデオが完成!

今年1月から2月にかけても来日ツアーを果たし、親日家でも知られるマイ・ケミカル・ロマンスが、3月の震災からの日本の復興を願って、ヒット曲「シング」を再レコーディングしてチャリティソングとしてリリースした。

このプロジェクト「SingItForJapan」が他のアーティストらの企画ともっとも違うところは、実はマイケミのメンバーが日本が大好きであることを知っているマイケミのファンたちが、マイケミが愛する日本を憂い・復興を願ってファンが始めた企画。

最新アルバム「デンジャー・デイズ」からの3曲目のシングルカットとなった「シング(SING)」という曲は、もともと"明日のために、未来のために、世界のために声をあげよう、つらいことがあっても、くじけないで歌おう」というメッセージがこめられている。

ファンの有志が「SingItForJapan」と題して、"お金があまりなくて寄付できなくても、日本のことを心から応援している"という気持ちをファンみんなで表そうと、"SingItForJapan"と掲げた画像や動画を募り、これを「シング」の曲にのせて自作ビデオにして、日本の人たちに見てもらおう、というプロジェクトが始まりだった。

マイケミのメンバーたちは、日本の震災を知るといち早くツイッターやブログなどで日本へのメッセージを伝えてくれていたが、この"SingItForJapan"を知ったメンバーたちはファンの熱い思いに感銘し、この企画をマイケミ自身らが受け継ぎ、なんとオーケストラをフューチャーして再レコーディング。この企画ではすべてのスタッフがボランティアで賛同してくれたとか。

そして出来上がったのが、この動画。オーケストラのレコーディング風景やジェラルドの熱唱する場面に加え、各国から寄せられたファンからの応援メッセージがまとめられていて、とにかく必見!!!!

マイケミ公式アメブロ レコーディングの様子の動画などもアップされてます。ギタリストのレイ(singitforjapan動画ではピアノを)からのSingItForJapanに関するブログ記事の日本語訳やフランクからのメッセージの日本語訳のあるこの記事も必見
"SingItForJapan"特設サイト

アーカイブ