U2ボノとエッジがミューズと一緒にカラオケパブで打ち上げする!の動画

ブラジルのサンパウロにあるKaraoke do Bar Secretoというフツーっぽいカラオケパブで、世界一のツアーを成し遂げたバンドがかなりゆるい打ち上げをしているところがYOUTUBEの動画にあがった。

世界一のバンドとは360° ツアーで世界中を回っているU2で、それまでの2005-2007に行われたローリング・ストーンの『ビッグ・バン』ツアーの総収入5.5億ドルを、10日にサンパウロで行われたコンサートで超えたことが明らかに。360ツアーはまだ29公演残っていて、総興行成績は7億ドルを超えると見られている。

そんな記念的な日に一行は会場の隣にあるカラオケパブで、一応はギターやドラムの生演奏も控え、完全なカラオケではないものの、こぜまなステージの上でほろ酔いに間違いないあのボノがトーキングヘッズの「サイコ・キラー」を「さすがうまい!」とはお世辞にもいえない程度の熱唱。

。。。しかしよくみると実はこのドラムはU2のラリーと、もうひとりはMUSEのドム!なぜミューズがいるのかというと、ミューズは360ツアーの前座バンドなのであります。

が、ビデオの最後のほうになって、ボノが語りを入れだしたりすると、なんだかセッション状態で自分のものにして、やっぱりカッコよくまとめているのは、もう性分なのでしょうか。

エッジが出てくるロングバージョン 白いポロを着たでっかいおっさんがクリスなのかどうか。。。でもやっぱりマシュー・ベラミーの姿は見えず。それにしても見てるほうは楽しいのに間違いありませんよねー。

アーカイブ