スティーヴン・タイラー 最新コラボのお相手はなんとジョニー・デップ!

全米でもっとも視聴率のよいメガ番組「アメリカン・アイドル」の審査員となり、お茶の間にも浸透中のスティーヴン・タイラーは、最近ではドラッグ依存からの克服を語ったインタビューでゴシップ週刊誌の表紙を飾るなど、「エアロスミス」のリードシンガーとしての活躍とはまったく違った一面をみせているけれど、今度はなんと超大物セレブとコラボ!

そのお相手はあのジョニー・デップ。ジョニデはミュージシャンとして成功することを夢見てハリウッドに上京したのは有名な話だけど、俳優としてビッグになったあとでも、レッチリのフリーとともにバンド活動をしたり、オアシスのレコーディングにギタリストとして参加したりと音楽的にも多才。

もちろん「パイレーツ・オブ・カリビアン」ではジョニデの父親役は、あのローリングストーンズのキース・リチャーズだったりと、ロックとは縁が深いとはいえ、今度はアメリカを代表する大御所エアロスミスのタイラーとのコラボらしい。

ジョニデは「(スティーブンとは)よく遊びにいったりしていて、ずいぶん長い間、仲がいいんだけど、彼は僕が昔からあこがれている人のひとりなんだ。彼と一緒に曲をつくるのは、僕にとって夢がかなったということだよ」とか。

また自伝Does the Noise in My Head Bother You?: A Rock 'n' Roll Memoirが発売されたばかりのタイラーはもし自分のバイオグラフィーが映画化されるのであれば、ジョニー・デップに演じてもらいたいとも最近語っていたが、この件についてジョニデも「いいね。やってみたいよ。でしょ?」とこちらも乗り気。

ジョニデとタイラーはスタジオ入りしてレコーディングしたらしいですが、この曲がリリースされるのかといった詳細は今のところ未定。

アーカイブ