キアヌ・リーヴスがある意味、自伝発売!? サッド・キアヌな自分を自虐パロディした叙情詩本を発刊!

昨年夏にパパラッチされた、ベンチでひとりぼっちで座り鳩にえさをやる姿があまりにもハリウッド大スターのイメージから程遠く、その写真をもとにした「サッドキアヌ」というニックネームが定着してしまったキアヌ・リーヴスが、自虐的ともいえる「サッド・キアヌ」な自叙伝的本を発売した。

この本は「Ode to Happiness」はAlexandra Grantによる絵とキアヌによる叙情詩からなる本で、キアヌの詩は「自虐的にメランコリーな心の叫びをモノローグしたもの」だそうで、「サッド・キアヌ」というイメージを自ら「悲哀のバスタブに浸かり」「僕の絶望の部屋で」といった感じで嘲笑しているらしい。
しかしこの本、UKだけの発売で4000部の限定発売ですでに売り切れ。価格は32ポンド(4500円)だった。

イラストはインクのシミみたいになっていて、「涙でにじんだ」ようなものらしいというのが、ウケる。みてみたい!

BBCによる最新インタビューのキアヌYoutube動画 キャスターから開口一番、「あなたは今、サッド(悲しい)ですか?」とズバリな質問
リメイク大好き!セレブは笑いを取るためにどこまでできるか選手権! マドンナがサッド・キアヌをリメイクか!?

アーカイブ