キム・カーダシアン 損害賠償16億円!「テレビCMに自分クリソツのモデルを起用した!」と米アパレルOLD NAVYを告訴へ!

米アパレルメーカーでプチプライスが売り物のOLD NAVYが、テレビコマーシャルにキム・カーダシアンに似たモデルを使い、キムKのパロディをしたCMを放映して話題になっていたが、このCMにキムKはご立腹らしい。

キムに無断・無償で彼女のイメージを利用しているとして、キム・カーダシアン側は2000万ドル(16億円)の損害賠償を求める裁判を起こすことを検討中とか。

キムKの弁護士は「キム・カーダシアンはすぐにそれとわかるルックスとファッションの認知度がある。彼女のアイデンティティと個性は価値のあるものだ。彼女の知的財産が侵害された際には、もちろんその侵害を主張する」と声明を発表している。

セレブが大手メーカーの広告を「そっくりさん」を起用したとして訴えたのは、過去にJFK未亡人のジャッキー・ケネディ・オナシスが、クリスチャン・ディオールを、またベッド・ミドラーが自動車メーカーのフォード社を"CMにそっくりの声を使用した曲を使用」として告訴した経歴がある。

さらにセレブとCM絡みで思い起こすのは、リンジー・ローハンがオンライン株取引会社のCMに「ミルクホリック(母乳中毒)」としてリンジーという名前の赤ちゃんキャラを登場させたことが肖像権侵害にあたるとして80億円の損害賠償を起こした件。

2010年1月のスーパーボウルCMのひとつだけど、昨年起こされたこの訴訟は、E-Tradeとリンジーで示談が成立したとのこと。示談がまとまった書類に金額の記載はされていないものの、「リンジー側はなんらかの賠償金を受け入れている」との話も。

リンジー・ローハンの「赤ちゃんのキャラは私がモデル」と100億円損害賠償

アーカイブ