【エイミー・ワインハウス急死】未だに死因確定せず...ベッドで眠っている間にひっそりと死去か

英シンガー、エイミー・ワインハウスが急死してから丸一日が経つが、死因は未だに確定せず発表されていない。

しかし、エイミーが死体で発見された時の状況が、エイミーの友人であり、広報でもあるクリス・グッドマン氏から発表された。

グッドマン氏によれば、エイミーは土曜日に面倒をみていたボディガードによって自宅で死体で発見されたという。

「エイミーは眠りたいといった後、ベッドルームに行きました。ボディガードの男性がエイミーを起しに行くと、エイミーが呼吸をしていないのを発見しました」という。

「彼はすぐに救急に通報しました。彼は非常に衝撃をうけています。この時点で、なぜエイミーが亡くなった、誰もわかりません。エイミーはたったひとりで、ベッドの上で息を引き取ったのです」という。

エイミーが亡くなり、本国UKではエイミーのセカンドアルバム「バック・トゥ・ブラック」が発売5年目にして、またもセールスチャートに返り咲いている。UK版のiTunesではすでにトップになっており、日曜午後に発表されるオフィシャル・チャート社のランキングの今週版には反映されないものの、来週版では1位になるとみられている。

あと2ヶ月で28歳になったのに...あと2ヶ月がんばったら、「27クラブ」のcurseも乗り越えられたんじゃないかとさえ思ってしまいます...。

【速報・訃報】英グラミー賞シンガー エイミー・ワインハウス ロンドンの自宅で死体で発見される 享年27歳

アーカイブ