感動コールドプレイ エイミー・ワインハウスの「リハブ」を追悼カバー!に観客も大合唱

新曲「Every Teardrop Is a Waterfall」をリリースしたコールドプレイが、31日(日)にオーストラリアで行われたスプレンダー・イン・ザ・グラス・フェスティヴァルに出演し、23日に急死したエイミー・ワインハウスを追悼して代表曲の「リハブ」をカバーした。

コールドプレイのヴォーカル、クリス・マーティンは「フィックス・ユー」のイントロでエイミーの「リハブ」を歌い始めた。わずか51秒ながら、コールドプレイのサイトに掲載された動画&音声では、クリスのキーボードと歌声にあわせ観客が大合唱し大きな歓声があがっているのがわかる。

公式サイトのローディさん日記的なブログでは、この日行われたドラマーのウィルへのBDのお祝いの紹介の後に、"この誕生のお祝いの後、あの悲劇的な死で「フィックス・ユー」が始まった。エイミー・ワインハウスの死へのお悔やみに関しては言い尽くされているけれど、本当にもったいない悲しい話だ。ひどすぎる運命のいたずらにとやかくいうより、僕らはオーストラリアのファンたちに一緒に歌ってもらった。"といったことが述べられている。

エイミー・ワインハウス関連記事アーカイヴ
グウィネス・パルトロウ「誰とヤッたら、コールドプレイの新アルバムを先取りできるの? 本当、マジな話」...とツイートしたクリスの妻グウィネス。じゃあ...誕生祝いついでにウィルで...。

アーカイブ