【現地レポ!】カルト名作がブルーレイで蘇る!『スカーフェイス』発売イベントにアル・パチーノ登場!リュダクリスの生ライブまで

1983年に劇場公開され、映画史上屈指のギャング映画としてカルト的な人気を誇る名作「スカーフェイス」が、「スカーフェイス・プレミアム・エディション」として初ブルーレイ化され10月5日に発売されることが決定し、大がかりなイベントが開催されるということで、現場取材をさせていただきました!

場所はロサンゼルスのダウンタウンにあり、日本でいえば文化遺産的な建物にも指定されている建造物を改築したゴージャスなべニュー。ブルーレイ発売で、レッドカーペット付きのこれだけ大きなイベントが開催されるのは異例のことで、「スカーフェイス」の未だに根強い人気を物語っているというもの。

現場にはプロデューサーなどの当時の関係者が再結成し、「スカーフェイス」公開の翌年「アマデウス」のサリエリ役でアカデミー賞を受賞したF・マーレイ・エイブラハムなどのキャストに加え、もちろん超をいくつつけても足りない超大物ハリウッドスターのアル・パチーノも来場したんです!

黒いスーツ姿にヘアバンド姿というパチーノ様。「スカーフェイス」はもちろん、ギャング役や軍や警察のお偉いさん...といった強面キャラがお得意とあって、とっつきにくいタイプなのかとおもいきや、レッドカーペットでは世界中から集まったマスコミでごったがえす中、どの媒体にも丁寧に愛想よく接して喋りまくっているのが印象的。そして御年71歳にして漂う男の妖艶さ、やっぱりタダモノではないです!

実はアル・パチーノは日本のマスコミに対して海外で取材を受けたことはあるものの、来日したことはないんだとか!この理由に関して「(日本に)行く理由がなかっただけだよ。理由があったら行っていたと思う。それじゃ、数年以内に必ず日本に行くようにするから、呼んでね。約束だよ」と気さくなお答え。パチーノ様来日の時が来るのが楽しみです!

ところで映画「スカーフェイス」は、キューバ移民のボートピープルとして若くしてアメリカにやってきたトニー・モンタナが、米国マイアミでコカイン密輸入でマフィアのボスとしてのし上がる壮絶な一代記。映画は公開当時、「暴力的すぎる」と批評家から酷評されてしまい、そのために興行成績も伸び悩みますが、これが次第にカルト的人気となって、パチーノ演じるトニー・モンタナは映画史上最も愛されるアンチヒーローのひとりとして名を残しているわけです。

また映画の中のシビれるフレーズの数々が、いわゆるポップカルチャーになくてはならない存在になっているのもスカーフェイスならでは。「セイ・ハロー・トゥ・マイ・リトル・フレンズ」といってマシンガンをぶっぱなすシーンはあまりにも有名ですが、「ザ・ワールド・イズ・ユアーズ」というパンナムのスローガンも「スカーフェイス」に登場したからこそ、ロックやヒップホップで多く使われるようになったのです。
記者会見で:左からF・マーレイ・エイブラハム、アル・パチーノ、スティーヴン・バウアー(マニー役)ひとりだけ玉座でパチーノ様もちょっと照れてました★

記者会見では当時の撮影の思い出話や、公開直後にマスコミから叩かれた苦労話など、次から次へととっておきのトークが。中でもパチーノが「撮影中に銃を使うシーンで手におおけがをしたんだ。病院に衣装のまま駆けつけたら、看護婦に「アンタ、アル・パチーノ?」って聞かれたんだよ。「ああ、そうだよ」って答えると、「やっぱりね。浮浪者かアル・パチーノか、どっちかしかないと思ったもの」って言われたよ」と語って会場は大爆笑でした。

また公開当時は知る人ぞ知る映画だったのに、後年になってカリスマ的な人気を誇ったのは、ヒップホップのスターたちがトニーの生き様に惚れ込み、ビッグEやジェイZ、NASといった多くのラッパーたちがスカーフェイスをモチーフにした楽曲を発表したことが貢献していると言われてますが、アル・パチーノも「ラッパーやヒップホップ界のアーティストが賞賛してくれたことは本当に嬉しいし、だからこそ今の(スカーフェイスの)人気があるんだろうと思うよ」とコメント。

ポップカルチャーにもっとも大きな影響を与えた映画の"ボス"自らが、人気をもりあげた立役者のラッパーたちに敬意を払うというのは見ているこちらもなんだかなごやかな気分に。

そして記者会見のあとには、そんなラップ界から映画界にも進出したビッグアーティストのリュダクリスがライブコンサート!!!「ホント、ヒップホップ界に最も影響を与えた映画はスカーフェイスだと思うよ。そんな映画のリリース記念イベントで歌えるなんて嬉しいね」とステージで語ったリュダは、映画からの名場面スチールをバックグラウンドに10数曲を披露していた姿を、パチーノ本人も2階のバルコニー席から眺めていたそうです。

スカー・フェイス  プレミアム・エディション [Blu-ray]』2011/10/05発売 ブルーレイ アル・パチーノの最高傑作ヴァイオレンス-!!

豪華特典満載&Digital Copy Disc付きのBDプレミアム・エディションで登場
●監督: ブライアン・デ・パルマ ●脚本:オリバー・ストーン
●出演: アル・パチーノ, スティーブン・バウアー, ミシェル・ファイファー, メアリー・エリザベス・マストラントニオ
●収録時間:本編:170分、特典:約142分 と特典映像たっぷり!

アーカイブ