« ポスター1枚一千万円で落札 | Main(トップページへ) | 巨大チートスで熱狂 »

2003年03月06日

Matsuiにつっこみ

日本のYahoo!経由でみつけた「松井第2号に見る日米メディアの温度差」という記事なんですが、「おいおい、そりゃ違うだろ」とちょっと突っ込みたいので。

>松井報道は、現在はあくまで地元と専門メディアのレベルにとどまっている。
とありますが、松井一号の時は、CNNやESPNのスポーツセンターでもがんがん放送されてました。ESPNはスポーツ専門チャンネルだから、それほどめずらしくないですが、CNNの全国放送のわずかなスポーツコーナーで、ルーキーの春季キャンプのホームランなんて取り上げられるのは、極めて珍しい事です。

元々アメリカのプロスポーツは地元中心ですから、ましてや今の公式戦が始まる前は、各地元新聞は、地元のネタ中心というのは当然の話し。『San Francisco Cronicle』が”サンフランシスコの老舗日刊紙”だろうが、そんなもんじゃないでしょうか。でもなんで「サンフランシスコ」なんだ?あん?

>ニューヨークの地元紙も大きな扱いでその活躍を報じた。
として「New York Tmes」「New York Post」なんかを取り上げているけど、こちらは逆に地元紙というよりむしろ全国紙。「New York Times」の記事は全国の地方紙へ配信されているし。

それに今はNBA(バスケ)、NHL(ホッケー)の公式戦の最中、NFL(アメフト)は移籍時期であるため、野球の春季キャンプ、オープン戦の模様なんてプライオリティとしたら4番目以下です。私もイチローがアメリカに行った時の日本の報道は覚えているから、松井のニュースもどれだけ日本でなされているかは想像がつきます。さぞかし凄い事になってると思うけど、それに比べたらアメリカの報道はおとなしいかも。でもそれは日本が異常に取り上げすぎってコトもあるんじゃ?アメリカの報道は松井だけにクールなわけではないと思います。

ちなみに、現時点Google Newsで「Yankees Matsui」でググると2010件、「Ichiro Mariners」438件、あのバリー・ボンズは「>Bonds Giants」で1590件、 「Bonds San Francisco」で720件。
これでも、「松井報道は、現在はあくまで地元と専門メディアのレベルにとどまっている。」んでしょうかね?

ただ、確かに松井を知らない人は知らない。でもそういう人は野球に興味ない人。地元の選手のスタメンもいえない様な人。きっとその人は、同じヤンキースでも「ポサダ」だって知らないはず。野球に興味がある人なら、松井の名前ぐらいは聞いたことがあると思うんだけどね。

それより、中国人初NBAプレイヤー・ヤオミン(アップルのCMの人ね)がルーキーでオールスター戦にファン投票一位でシャックを抑えて出場し、テレビ中継では「地元中国のかつての同僚もヤオの晴れ舞台を温かく見守っています。中国からの衛星中継をどうぞ!」と興奮気味にアナウンサーが語った後、そこに映った画面には、会社の寮の食堂の20インチテレビの前で、中継も見ずにラーメンすすってる中国人男1名しか映っていなかった、って熱狂が松井にも欲しいのかしら。

Posted by Dane at 2003年03月06日 11:50 | TrackBack









   ページビューランキング!!