ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2003年03月31日

フセインの核シェルター制作者が語る

AP通信によると、サダム・フセインの隠れているとされている核シェルターはどんな爆弾が投下されても破壊されない事が、そのシェルターを設計したドイツ人科学者によって発表された。

ドイツ人科学者のエセール氏によると、1980年代にイラクからの要請により、エセール氏はこのシェルターを設計した。氏によると、広島に投下された原爆と同じクラスの爆弾が200メートル側に投下されても外気が300℃になっても平気なように設計されているという。

エセール氏はこのシェルターを設計し建築の為の素材を手配し、約72億円の建築費がかかったと電話でAP通信のインタビューに答えた。1984年にフセインに遭った時の印象を「ゴージャスな印象は受けなかった。フセインは私服姿だった。シェルターに関する質疑応答をした。彼がカリスマ性のある人物には見えなかったが、彼が話し出すとまわりが一斉に静かになった」とエセール氏は語った。

冷戦の終焉により、こういった(市民レベルの)防衛策の受注はほとんどなくなったとミュンヘン在住のエセール氏45歳は語った。「これは仕事だった。支払いもよかった」とは話したが、現在の仕事についてはノーコメントだった。

あらあら。アメリカは「フレンチフライ」廃止するよりも「ジャーマンポテト」を廃止したほうが‥‥。というより、政治家や科学者の言動のせいで直接関係のない国民にまでやつあたりをしたり、歪んだ見方で捉えるのがそもそも間違っていると思いますけどね。これはアメリカや戦争のことだけのことを言っているのではなく。

ネタ元・Yahoo!アメリカ(英語)

| TrackBack