ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2003年05月13日

日本じゃ有名じゃないけど。

romano.jpg日本では全く知名度がなさそうなテレビ番組のニュースを。

アメリカのテレビ界で一番高いギャラは今まで「フレイジャー」のKelsey Grammerのドラマ1本あたり1.6ミリオンドル(約1.9億円)だったのが、次シーズンの契約からゴールデングローブ賞などを総なめ、日本では「アイスエイジ」の吹き替えでおなじみ(・・・・っていっても日本は日本語で吹き替えだから、これまた遠いか。)の「Everybody Loves Raymond」のジェイ・ロマーノで、ドラマ1本あたり1.8ミリオンドル(約2.1億円)で史上最高になった。18話放送予定。

ジェイ・ロマーノ(写真右)はもともとNYのスタンダップ・コメディアン出身で、「Everybody Loves Raymond」もいわゆるシットコム(シチュエーション・コメディの略。笑い声が入ったりするコメディドラマ。「フレンズ」、「フレイジャー」「ウィル&グレイス」なんかもシットコムのひとつ)。

左の写真は昨日おこった珍エピソード。NBCの朝の顔と夜の顔がスワッピング・・・・っつっても、司会のトレードという話です。朝の情報番組の司会者ケイティ・クーリックと夜のトーク番組の司会者ジェイ・レノが司会を一日だけ交代した。

ただでさえ暑苦しいジェイ・レノですが、奴の顔を朝見るとマジで暑苦しい!それにこの3ショット。とてもじゃないけど爽やかな朝の番組とは思えず。(右はアメリカで一番有名なお天気おじさん・アル・ロッカー。これでも100キロ以上ダイエットした。)ケイティのほうは、ゲストがマイク・マイヤーズ(ケイティはオースティンパワーズ3で女性看守役でカメオ出演)と「アメリカンアイドル」の審査員・サイモン。しかし、このケイティが司会をしたTonight Showは通常の視聴率に比べて42%増しだった。ジェイ・レノの朝番組のほうは9%増どまりだったとか。これ以上、ケイティが調子に乗らなきゃいいんですが。

で、レノは朝の番組でパウエル長官にインタビュー。そこで、二人が現役を退いたら、互いの愛車(パウエル長官は1966年のビンテージ・ボルボ・ステーションワゴン、レノはランボルギーニ)でカーレースを行うことを誓った。

長官、いくらなんでも勝ち目は無いと思いますが。