ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2003年08月12日

ボブ・サップ@米TV番組出演

K-1のボブ・サップがアメリカNBCの「Tonight Show with Jay Leno」に出演。この番組は、先週あのシュワルツネッガーが知事戦出馬を宣言し、テレビのアカデミー賞といわれるエミー賞常連のNBCの看板番組。数時間前に放送された11日の番組では、ボブ・サップのほかに俳優ベン・アフレックも登場。

最近はペイパーヴューで放送されているとはいってもK-1はアメリカでの知名度いまひとつなので、15秒程度の試合風景の紹介のあとにボブ・サップ登場。司会者のジェイもベン・アフレックもかなりでかい男なので、ボブ・サップ、でけー!という感じは画面からはあまり伝わらず。基本的には15日にラスベガスのベラッジオホテル(「オーシャンズ11」の噴水のホテルね。ボクシングシーンはMGMだと思うけど)で行われるK-1の興行の宣伝のための出演で、サップはベラッジオのロゴの入った白いTシャツに白いスエットといういでたち。

トークの内容は、元NFL選手だったもののすぐに怪我で退団、あてにしていた契約金等は経理を任せていた人に持ち逃げされ、ついでWCWとかゆうプロレス団体に所属するも、即、団体が破産。で、ラスベガスで行われた有名人の腕自慢大会のようなものに参加して、そこでK-1の石井館長に見初められる・・・・てなことを話してたと思うんですが、合ってますか?まあいいや。

しきりに「日本で有名」という事を司会者も強調していて、これは事実だからいいんだけど、そのサップの凄さを見せ付けるために、彼がやって見せたのは「りんごを素手で握りつぶし!」って・・・。なんか弱くないか?情けなくないか?その芸はアメリカの看板番組という晴れ舞台で見せるのに適切な芸なのか?おい。今時そんなんじゃ、白いギターさえ貰えないぞ。

しかし、隣に居たベン・アフレックの首を絞めるパフォーマンス(もちろん冗談)はオイシかったと思うけど、例の「オマエの息の根をこのや野獣サップ様が止めてやる!うははは!!!」な喋りはやってみせたものの、隣に座っている司会者にむかっていたので表情が見えず。日本でも、ソレやるときは必ずカメラ目線で!って教わったでしょうに。ボブ。
というか、日本での彼ほど普段の喋りとのギャップがないので、効果的だったかどうか。

で、司会者のジェイが質問したことのひとつが「日本の車は小さいのに、日本で車に乗れるの?」。サップは「車は問題ないけど、トイレが狭くて大変だよ。」と、ジェイが次に聞こうとしたオチの質問を答えてしまうおとぼけも。

ま、なんだかんだ厳ちい見方をしてしまいましたが、この番組は本当に人気番組なので、十分知名度アップには貢献したでしょう。凄く緊張しているようにも見えたし。でもやっぱり、濃ゆい人ばかりのアメリカではまだキャラが弱いと感じてしまいますた。今後に期待。
ただ、サップが「日本で23のCMに出演して、CDも出して、街を歩くと人だかりができる」と力説しても、「でもさ、それってアジアの果てのニッポンでの事でしょ」という空気が漂っていたように思えるのは、やっぱりしょうがないことかね。

ところで、ついでにベン・アフレックが話していたことも。例のストリッパーと浮気話を突っ込まれたベンいわく「行く前にジェニファーに電話をしたら、彼女は別に”いいわよ。楽しんでね。”といった感じだった。」とJLoのお墨付きを強調。ストリップクラブに行ったことは認めるも、その後のストリッパーとの親密な行為は、「色々と(タブロイド誌が)書いているだけ」といってごまかした感じ。しかし、その後JLoに事の顛末を話すと「じゃ、一足早くバチェラーパーティ(結婚する男性が独身最後のバカ騒ぎをするパーティ)を済ませたのね」と言われ「地元の友人達とバチェラーパーティができなくなってしまった」と困り顔のベン、といったところでした。これもどーでもいい話しっすね。