ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2003年12月31日

こんなポーズもしてはイケマセン

この前書いた「米Yahoo!によせられた質問ベスト10」の5位で「中指を立てるポーズを他人にしてはいけないのはなぜ?」に関して触れましたが、このポーズのことを「Bird」(鳥)と呼ぶことがあります。なので、人に向かって中指を立てることを「Shoot a Bird」(鳥を撃つ)といったりするんですが。アメリカには他にも他人様の前でやらんほうがいいポーズがあります。それが、写真のポーズです。

小さいのでわかりにくいかもしれないですが、ピースサインのようにした人差し指と中指の間の付け根を舐める・・・というものです。これは、2本の指が女性の足を表しているので、その間を舐めるという事はつまり、女性の股間を・・・っつう話です。映画「クリスティーナの好きなコト」でキャメロン・ディアスとクリスティーナ・アップルゲイトが車の中でもぞもぞしていると、通りかかった奴が勘違い、そこでアップルゲイトがこのポーズをしてからかう、といったシーンもありますが、アレはそーゆー意味です。

ガイジンさんの前でやむなく人差し指と中指の間の付け根を舐めなければならない状況になったら、人差し指と中指は鼻の穴に突っ込むとか、2本の指が「女性の足」を連想させない対処が必要でしょう。十分気をつけてください。

ちなみにこのお下品なポーズをしているのは「ターミネーター2」でブレイクしたかの美少年(だった)エドワード・ファーロングの今年の写真。ダメ人間丸出しです。

ポーズの話とエドワード・ファーロングで思い出した「デトロイト・ロックシティ」つながりで、ついでにもうひとつ。ロックコンサートで観客がよくするポーズのひとつに、「人差し指と小指を立てて拳を突き上げ(て、ヘッドバンキング)」というものがありますが、これは「私は悪魔に仕えるものです」という意味があるとされています。ま、本当の悪魔ではなくてそういったイメージのバンドに心酔している、と言い換えたほうがいいかもしれませんが、ポーズの意味とはウラハラに、その由来はちょっと脱力。

その始まりは、もちろん地獄・悪魔といえばこのバンド・・・なKISS。そのメンバーであり、カリスマ的存在のジーン・シモンズが70年代に行われたコンサートの最中に怒涛のような観客の声援にこたえようと、ある時、手を突き上げたが、もちろん手には演奏用のピックがあるため、中指と薬指、親指でピックを持つままになっていた。つまり、小指と人差し指だけが開いた格好になり、これを”KISS信者”な観客が「ジーン様の人差し指と小指が悪魔の角を表しているのら!かっけー」ということでいっせいに真似をしたのが始まりといわれている。が、後日談としてジーンは「いや、、、ピック持ってたからああなっただけ。別に意味は無いんだけど」と語っている。テキサス・ロングホーンとの関連とかはよく知らんので突っ込まないように。つうか、知ったこっちゃないし。