ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年01月14日

シンガポールでは性欲祈願で「猿」柄パンツ人気

monkeyyear_underwear.jpgシンガポールでは夫の新年の幸運と「性欲増加」を願って、干支の「サル」柄の男性向け下着を買うのが人気になっている。中でも人気なのは「ファンキー・モンキー」のキャラクターのパンツだが、一番の人気は赤地に「wealth and prosperity」(富と繁栄)の意味の漢字がかいてあるものだという。価格は3.5ドル(400円)程度。

「「サル」柄は、間違いなくほかの干支に比べて人気のある柄。なぜなら、他の干支より「サル」はキャラクター化されやすくかわいいから。」と下着店の店員は語る。シンガポールでは旧暦の元旦に当たる22日に盛大な新年を祝う祭りが各地で催される。

「wealth and prosperity」(富と繁栄)の意味の漢字って、「旺」なんですかね。「富」うんぬんより、”性欲”祈願色のほうが高いような。右の写真はシンガポール動物園にいるテングザルなんですが、これこそ「旺」にふさわしくご利益もありそう。

関係ないですが、昨年末に近所(ロス市内)の郵便局行ったら、「羊」って書いてある切手が売ってました。意味わかんないけど、「ゾディアック(干支)!クール!」とか思って買っていっちゃうアメリカ人居たんだろうな。なんていいながら、私は来年は「羊年か・・・」と一瞬思ったクチですが。

【関連】ネパールのインド大使館を猿が侵略(  )
およそ40匹の猿が大使館内に入り、排便・器物破損をしたそうな。