ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年02月11日

あれから10日・・・ジャネット・ぽろり騒動のその後

ジャネット・ジャクソンが、2月1日に行われたアメリカの国民的スポーツ行事「スーパーボール」のハーフタイムショウで「右乳首ぽろり」を全国ネットワークの生放送でやってしまってから早10日経ちますが、未だにアメリカでは連日関連ニュースが報道されてます。そこでこれまでの騒動の顛末を11日のFCC公聴会までまとめてみました。記載日はアメリカ時間です。

2/1 ジャネット・ジャクソン アメリカの国民的スポーツ行事「スーパーボール」のハーフタイムショウでぽろり 
全てはココから始まった FCC(連邦機関)がこの件に関して調査し、行き過ぎであると認めれば億単位の罰金も、との方針を発表。
2/2にはジャネット本人が「演出だった」と認めるコメントをビデオで発表(写真はコチラ)の件も

2/5 ジャネット・ポロリ騒動で人気ドラマERが過剰反応
それ以外にテレビ業界に与えた影響として。。。。
●グラミー賞(CBS)、アカデミー賞(ABC 2・29放送)の放送にディレイシステムを採用を決定。不測の事態が起こった場合に編集できるように、数秒から数分間遅れで生放送を放映するもの。
●アメリカ・プロバスケットボールのNBAオールスターゲーム(2・15)のハーフタイムショウでもディレイシステムの採用を検討(TNT)。出演はビヨンセ、クリスティーナ・アギレラ、アウトキャスト。ハーフタイムより、シャックのインタビューのほうが危ないかも。シャックは試合後のテレビ生インタビュー中に"不適切な言葉”を言って出場停止をくらったばかりだし。
●2/8にハワイで行われたNFLオールスターゲーム(プロボウル)のハーフタイムショウで歌うはずだったJCシャゼイ(ジャスティン・ティバーレイクと同じインシンク出身)が、NFLの判断により出演を外された。JCが歌うはずだった曲には "horny" (ヤリたい)"naughty" (淫らな)といった歌詞が含まれていた。彼の出演に変わってフラダンスとハワイの地元歌手によるパフォーマンスが行われることになった。
おかしすぎ。JCカワイソ。売れてない上に、とんだとばっちり。シムケンが問題起こしてカトちゃんが活動自粛するようなもん?あ、インシンクとドリフを一緒にしてすみやせん>インシンク・ファン
●エミー賞受賞の長寿人気ドラマ「NYPDブルー」では放映するABC局が15秒間のセックスシーンを削除することを決定。しかし編集するのは夜9時台に放送される地域のみで、西海岸や東海岸の夜10時台での放送ではそのまま放映される。番組プロデューサーの承認は得ていない。(2/10)
CBSで放映のCSIとCSIマイアミでは裸の男性死体の放送をカット。

2/4 ジャクソンの胸露出画像、ネット史上最多の検索数
ああ、ココに載っている検索語句で来てくれる人はABC振興会でも多いかも。どーゆーサイトだ>ABC振興会 911を除いてはね。(911の頃はこのサイトありませんでした)

2/4 ジャスティン・ティンバーレイクがテレビのインタビューで謝罪 リスクマネジメントがしっかり出来てました。さすがアイドル。

2/6 一般視聴者の一女性がジャネットやテレビ局を訴え(英語) 「子供が見ている番組と知っていながらわいせつな行為を自分の利益追求のために行った」として訴えたのはテネシー州に住む女性で、ジャネットの他にCBS,MTV,ジャスティン・ティンバーレイクなどに対して訴訟。この話しは、どちらかというとアメリカでは「よくまあ、ジャネットやテレビ局相手に訴え起こすもんだなあ」という見方が多いかと。で、今日(2/11)になってこの女性は「FCCの処分が納得いかなかったら、再度起訴する」として事実上起訴を取り下げました(英語)。
周りの人達から「オチケツ〜」となだめられたと思うよ。

2/7 ジャネット効果でボディピアスが流行 左の記事は米Yahoo!のものですが、実際にピアスしてる写真とそれを自ら見つめる写真がスゴ。(リンク先が消失したらスマセン)

2/8 ジャネット、グラミー賞に不参加
プレゼンターとしてアメリカで最も権威ある音楽賞グラミー賞に出席が予定されていたジャネットだが、結局当日の午前中まで「出る、出ない」と騒がれた上で欠席。このグラミー賞を放映したのはスーパーボール同様CBSで、CBSは「(ジャネットもジャスティンも)先日の胸露出の件を当日謝罪すれば、グラミー賞出席は全く問題ない」としていたが、ジャネットは「(謝罪は)十分に行った」として欠席。ジャスティンは2つのグラミーを獲得し受賞コメントの際謝罪し、パフォーマンスも行った。
当のグラミー賞は2600万人が視聴し過去10年間で3位という高視聴率。グラミー賞に出席したセレブの中では「ジャネットを非難しすぎ」と答えるPダディのような人もいた。で、ジャネットはグラミーの最中何をしていたか?というとPRによれば「春に発売のアルバムのことなど、他にもやることはいっぱいある」とか。・・・逆ギレ?

2/10 MTVがブリトニーとインキュバスのビデオをデイタイム放送禁止に
例のスーパーボール・ハーフタイムショウを演出したMTVは、デイタイム(朝6時から夜10時)の放送禁止曲を発表。その中には、ブリトニー・スピアーズのTOXIC(セクシーすぎるという理由)、インキュバスのMegalomaniac(ヒトラーなどが登場し、政治的理由)やブリンク182マルーン5の曲など。
インキュバスの新アルバムは待った甲斐あって素晴らしいのですが、あのビデオはヤバイよな、と内心思いました。ま、ジャネットの件がなくても問題になっていたかも。
マルーン5は前にヴォーカルのエロい声もいいと紹介しましたが、新曲のビデオがこれまたエロくて。しかし、ブリのTOXICには負けるかね(←リンク先から”TOXIC”を)。ほぼ裸んぼに見えるし。なんか日本だし。

2/11 FCC、ジャネットの騒動を「テレビ史上最低の汚点」(英語)
米上下両院でジャネットの件に関して本日公聴会が開かれ、FCC(連邦通信委員会。アメリカの政府機関の一部)では、およそ9000万人がハーフタイムショウでジャネット・ジャクソンの胸の露出をテレビで見て、さらに20万人がこの件に関してクレームをFCCに対して起こした事を重大に受け止め、FCC会長は「スーパーボールのハーフタイムショウは最高クラスのエンターテーメントであるはずなのに、(今回の件は)NFLの品格を損なわせ、ゴールデンタイムで放送された番組史上、もっとも最悪で下品な例」と評した。
FCCはわいせつや下品な番組放送への罰則強化の方針を約束し、これを受けて放映したCBSに罰金の支払命令が出される可能性が強くなったが、さらに厳しい罰金を従来の10倍の27万5000ドル(約3000万円)とする法案の審議にも入っている。(関連;米放送業界「わいせつ語」取り締まりに厳しい罰金CBSは全国ネットなので、各局トータルで支払うと億から数十億円単位の罰金に)

ひとこと
マドンナ&ブリトニーのキス騒動と比べて、ジャネットの件がなぜココまで騒がれているのか?と思われる方もいるかもしれませんが、CBSとMTVでは放送局が違うという事ジャネットはアメリカでは約5局ある全国ネットのCBS局であり、CBSはその中でも3大ネットワークと呼ばれる老舗テレビ局のひとつ。かたやMTVは新興ケーブルテレビ局で視聴可能世帯の数を考えてもCBSとMTVではケタが違います。日本で民放とケーブル局の影響力の差を考えてもらえればわかりやすいでしょう。ま、CBSとMTVは同じ大手メディアグループのVIACOM傘下なんですけどね。

また、「ブリ&マドンナ」の件は「賞」といってもケーブルテレビ局のMTVが主催で84年から始まったもの。アメリカの国民的行事である「スーパーボール」は格が違います。「スーパーボール」のCM放映権がアメリカで一番高額でもあることを見ても明らか。それにスーパーボールはもちろんスポーツなので子供から大人までが視聴するものであることが前提でもあります。先ほど「日本では民放とケーブル局の差」と書きましたが、「スーパーボールのハーフタイムショウ」ともなれば、民放どころか「紅白」クラスの番組であるのは間違いありません。

また「ブリ&マドンナ」の件は、もちろんMTVの演出。あのように大騒ぎになったのはMTVとしては「してやったりでしょう。しかし、あのシーンがアメリカでは「話題になっただけで、問題ではなかった」わけではありません。アノ瞬間を新聞の一面に掲載した一般新聞では翌日「子供によくない影響を与える可能性があった」として謝罪するなど、色々と問題になったのは確か。女性と女性のキス、というのが宗教的に見て喜ばしくない、とかね。現在のニュース番組では、直接キスしているシーンは放送されてません。(キスする直前で終了)