ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年02月27日

ハリウッドの新名所・エロティック博物館と全然似てないロウ人形館

今週の日曜日はいよいよアカデミー賞の発表。会場となるハリウッドのコダックシアター周辺は、準備で大忙し。コチラの現地時間では、まだ金曜日ですから、急げば日本から来てもまだ間に合いますよ!

ということで、オスカー見物でハリウッドへ来た方に、コダックシアター以外にも是非来て欲しいガイドブックにも載ってない穴場名所のご紹介。なんといっても今年オープンしたばかりだし、ジモティの私でさえ行ってないところだからね♪

その穴場名所は「エロチック博物館」。決してニューヨークの「ミュージアム・オブ・セックス」のパクリじゃないから!間違わないでよ!

場所はハリウッドの中心コダックシアター(ハリウッド通りとハイランド通りの交差点)からハリウッド通りを東へ徒歩数分にある。写真にもあるように、博物館の前には有名なハリウッドの星型が埋め込まれた「ウォーク・オブ・フェイム」。ちなみにコダックシアターの西側はプレミア試写会などもよく行われるチャイニーズシアター。

入場料は13ドル(1350円)くらい。この周辺で見る映画料金(夜間)と同じくらいかちょっと安いぐらいかな。展示物はその名の通りで、大人のオモチャやヌード系アート(ピカソ画も!)がいろいろあるようだけど、ハリウッドらしくマリリン・モンローの有名なヌード写真や、70年代に一斉を風靡し映画「ブギーナイツ」のモデルにもなって、昨年ヴァル・キルマー主演で伝記映画「ワンダーランド」も作られたポルノ男優ジョン・ホルムズに関するコーナーもあるらしい。

・・・なんてことを書いてたら、最初は「んな観光客目当てのアメリカ秘宝館なんか、ジモティが行ってられっか!」とバカにしてたんだけど、本気で行ってみたくなってきましたよ。東京タワーの蝋人形館並みに似てないことでも有名なハリウッド蝋人形館とか、リプリーやギネスのびっくり博物館みたいのより行く価値ありとみた。あたりまえだけど、18歳未満の入館禁止。


WaxMuseum.jpg
ハリウッド・蝋人形館(ワックス・ミュージアム)内にある蝋人形たち。 似てなさ度では東京タワーを凌ぐとの評判。

バック・トゥ・ザ・フューチャーマイケル・J・フォックスのつもりらしい。似てるか似てないかの以前に怖い。もちろんまったく似ていない。
メル・ギブソン こういうニューハーフいそう。手毛とかも含めて。
スターウォーズの幼少時のアナキン・スカイウォーカー つうか山崎だろう・・・。
マリリン・モンローのパンチラ こんなおじいちゃんのパンツみたいなパンチラみたくありません。
ホームアローンマコーレー・カルキン 家族からいつも置いてけぼりになる理由がわかります。
インシンク こんなアイドルグループ、やだ。
トム・クルーズ松○聖子と噂になったガイジンと言ったほうが通じそう。多分ソレだ。

・・・ちなみにシュワ知事(リンク先の画像をクリックすると拡大)はかなり似ている。圧力か???それともロウっぽい顔なのか???やっぱりハリウッド・ろう人形館はある意味必見かも。

ニューヨークの「ミュージアム・オブ・セックス」 2002年10月の記事
エロチック・ミュージアム公式サイト  特別コレクションのひとつTom of Finlandというのも、ある意味ハリウッドらしい。