ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年02月29日

第76回アカデミー賞ワーストドレッサー


追記)前にも紹介しましたが、シャリーズ・セロンは「モンスター」で主演女優賞なんですけど、この左の画像です。左から2枚目がシャリーズが演じた映画上の役柄。コンタクトや入れ歯、メイクでこういう顔にしてますが、その元ネタの全米初の女性連続殺人犯は右2枚。

スーザン・サランドンだったら素でいけたかも、という妄想ですが、実際の事件は70年代に行われているので、右下の90年代〜00年代の最近の写真より、もっと若かったわけですからね。

全米初の女性連続殺人犯に死刑執行2002年10月の記事 


オスカー放送中は、ずっとチャットしてましたが、お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。楽しかったです。今年は、過去数年より明るかったし、楽しい式でしたね。

誰が何を受賞したかは別として、もう勘弁して欲しいワーストドレッサーふたり。
左がダイアン・キートン、右がキルビルのユマ・サーマンです。ユマはこれから花摘みにでも行くつもりでしょうか。

ダイアン・キートン(58)はオスカー放送後の特番でのバーブラ・ウォルターとのインタビューで「(ウォーレン・ビーティ、アル・パチーノ、ウディ・アレンと付き合っていたが)わたし、今までに誰からも結婚を申し込まれたことがないの」と言ってました。だから、そのファッションセンスがいけないんだってば。

米ワーストドレッサー2004 ダイアン・キートンは堂々4位。この時点で、これだけ叩かれてもポリシーを変えない姿勢が凄いんだか凄くないんだか。

今日は、授賞式前のレッドカーペットでのインタビュー(by ジョアン・リバース)でも渡辺謙さんはおちついて英語で質問に答えていて、カコよかったですよん。

これから受賞式を見る人・・・見所は、ピーター・ジャクソン監督がどんどんとヨレヨレになっていくところと、やっぱり最初のビリー・クリスタルらしいパロディ&ミュージカル形式のオープニングですかね。あと、ジム・キャリーは寒いかもしれませんが、温かく見守ってあげましょう。ベン&鼻、ジャック&ウィルは爆笑もの。PJ監督は最終的に湯上りみたいになってました。

以下は結果一覧

■作品賞
☆ 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
「ロスト・イン・トランスレーション」
「マスター・アンド・コマンダー」
「ミスティック・リバー」
「シービスケット」

■監督賞
☆ピーター・ジャクソン(「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」)
フェルナンド・メイレレス(「シティ・オブ・ゴッド」)
ソフィア・コッポラ(「ロスト・イン・トランスレーション」)
ピーター・ウィアー(「マスター・アンド・コマンダー」)
クリント・イーストウッド(「ミスティック・リバー」)

■ 主演男優賞
☆ショーン・ペン(「ミスティック・リバー」)
ジョニー・デップ(「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」)
ベン・キングスレー(「砂と霧の家」)
ジュード・ロウ(「コールド・マウンテン」)
ビル・マーレイ(「ロスト・イン・トランスレーション」)

■主演女優賞
☆シャーリーズ・セロン(「モンスター」)
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ(「クジラの島の少女」)
ダイアン・キートン(「恋愛適齢期」)
サマンサ・モートン(「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
ナオミ・ワッツ(「21グラム」)

■助演男優賞
☆ティム・ロビンス(「ミスティック・リバー」)
アレック・ボールドウィン(「ザ・クーラー」)
ベニチオ・デル・トロ(「21グラム」)
ジェイモン・ハンスゥ(「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
渡辺謙(「ラスト・サムライ」)

■助演女優賞
☆レニー・ゼルウィガー(「コールド・マウンテン」)
ショーレー・アグダシュルー(「砂と霧の家」)
パトリシア・クラークソン(「エイプリルの七面鳥」)
マーシャ・ゲイ・ハーデン(「ミスティック・リバー」)
ホリー・ハンター(「サーティーン」)


■オリジナル脚本賞
☆ 「ロスト・イン・トランスレーション」 ソフィア・コッポラ
「みなさん、さようなら」
「ダーティ・プリティ・シングズ」
「ファインディング・ニモ」
「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」

■ 脚色賞
☆ 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
「アメリカン・スプレンダー」
「シティ・オブ・ゴッド」
「ミスティック・リバー」
「シービスケット」

「指輪」は他に美術賞、衣裳デザイン賞、編集賞、メイクアップ賞、 作曲賞、オリジナル歌曲賞、音響賞、視覚効果賞を受賞。唯一、ノミネートされながら落としたのは撮影賞(「マスター・アンド・コマンダー」)。水がイッパ〜イダカラ?(←アホアホ)
それと、オリジナル脚本賞のソフィア。もちろん『指輪』は原作アリの映画脚本なので、主要部門で(出演者以外は)唯一『指輪』がノミネートされていない部門でもあった。運のいいやつだ。これも天から恵まれた才能のひとつでしょう。