ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年03月03日

ダイエットブームで米マクドナルドで”特大サイズ”がメニューから消える

世界最大のレストランチェーン・マクドナルド社は、米国内での「肥満」に対する警戒心・ダイエットブーム過剰から、炭酸ジュース・フライドポテトの”特大サイズ”の販売を今年中に廃止することを決定した。

マクドナルドでは『マクドナルドは、バランスのとれた食ライフスタイルを選択することを応援します』というキャンペーン行っており、それに伴って現在の”ジャンボサイズ”の商品を段階的に中止することを発表した。この決定を消費者グループや医師団体は歓迎しており、他のファストフード店でも販売を中止するように呼びかけている。

「肥満・心臓病やその他の食事に関連する疾病に企業が留意しているという姿勢は望ましい。他のライバル店も追随するべきだ」とパブリック・インタレスト・サイエンス・センターの署長は話している。また、米国心臓病協会の食品栄養担当者は、「特大サイズは値段的に”得”に見えるが、栄養価では”貧相”といわざるを得ない」と語っている。

専門家は、この10年肥満が飛躍的に増加したのは特大サイズのファストフードやカウチポテトといった文化が大きな要因として考えられるとしており、公衆衛生局は、アメリカ人の30%以上が肥満状態で心臓病・糖尿病・脳卒中などの可能性が高いと警告を発している。

今年のサンダンス映画祭で話題になった「Super Size Me」は、30日間マクドナルドの特大サイズのみを食し、27ポンド(12キロ)体重が増えた上に、健康を害したというドキュメンタリー映画で今年の後半に劇場公開が予定されている。

マクドナルドでは、「特大サイズ廃止」は2002年から始まったメニューの小型化の一環でもあると発表している。

マクドナルドのLサイズのフライドポテトは540KcalでMサイズは450Kcalであるのに対し、とく大サイズは610Kcalである。

写真は、2月にマクドナルドと広告契約をしたNBAのヤオ・ミン。てっきり、ヤオを使って”特大サイズ”キャンペーンでもするのかと思ってたんですが。

ま、食べたい人は2個注文すればいいだけの話なので。本当のところ、例の映画のせいでできた悪印象の”Super-size"(特大サイズ)という名称をもう使いたくないだけかも。



アメリカでは、マクドナルドの価格は地域や季節によってまちまちなのですが、参考までに”特大サイズの参考価格を。$1(ドル)=105円程度

【ドリンク】 S:$ 0.99 / M:$ 1.09 / L:$ 1.34 / Super Size(特大サイズ):$ 1.59
【シェイク】 S:$ 1.24 / M:$ 1.59 / L:$ 1.99 / Super Size(特大サイズ):$ 2.78
【フライドポテト】S:$ 0.94 / M:$1.39 / L:$1.59 / Super Size(特大サイズ):$ 1.79

★バリューメニューではプラス$ 0.40でドリンクとポテトがLサイズに。プラス$ 0.80でドリンクとポテトが特大サイズに。ちなみに、ビックマックのバリューセットは$ 3.69(390円)でフィレオフィッシュセットは$ 3.29(350円)。

アメリカで”パン抜き”ハンバーガーが大人気 ダイエット対策にファストフードは大変です
マヨネーズをめぐってマック店長を車で轢く こういう人が特大サイズのコアユーザーでしょうか
ビッグマック19,000個の世界記録 実は体を壊して太れないだけでは?

毎日三食マクドナルドばかり食べると... 前述のサンダンス参加映画「Super Size Me」に関する日本語記事。3食30日で”彼の肝臓は「ほとんどパテ」状態”になったそうですが。監督・出演(犠牲)者のMorgan Spurlockさんと映画ポスター

McDonald's says "super-sizing" no longer an option