ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年03月10日

事故で切断した腕を股間に移植手術

スペインのバレンシア地方に住むトラック運転手のイスラエル・サリオさん(25)は、高速道路を走行中に交通事故に遭い、破損したフロントガラスで左腕を負傷した。しかし、この怪我した部分から腕が感染症にかかり始めたので、医師はこの腕を切断することを決定した。

そして切断した腕を元の位置に移植するまでの間、腕が伝染病にかからず正常なままで保存されるために、医師は切断された腕をサリオさんの太ももの付け根の血管に移植するという世界で初めての手術をした。担当医師によれば「血液を循環させるために一時的に股間に左腕をベビーシッターさせるようなもの」ということ。

手術は無事成功し、9日たっても左腕は正常に”生きて”機能していたので、股間から元の場所に戻す手術が再度行われた。サリオさんによると「外側は感覚がないけど内側は感じる。なんかむずむずする。手がしびれているような感じ」という。1年後には日常生活に支障がないぐらいまで回復される見通しだ。

サリオさんは今後も数回にわたる手術が控えているものの、担当医が感染の危険がないと言っているので、いまは「大変満足」しているそう。

毛深い腕が・・・!

They maintain nine days an arm amputated when united leaving it to the leg of the patient alive スペイン語原文英語オート翻訳版 スペインに在住されていたChicaさんからタレこんでいただきました!ありがとうございます。英語版でこの記事が報道されてないか調べてみましたが、2件しか見つかりませんでした。こんなに凄い画期的な手術なのに!
股間が腕をベビーシッターさせているイメージ図 書いてあることはスペイン語なのでちんぷんかんぷんですが、この図を見るとなるほど〜と思うです。必要以上にFlashだし。(図は下のほうにあります)
MEDICAL MIRACLE SAVES CRASH VICTIM'S AMPUTATED ARM