ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年03月16日

ブルズの『新型チアリーダー』は巨漢デブ男集団

かつては”神”マイケル・ジョーダンの存在で人気実力ともに全米一のNBA(プロバスケット)チームだったシカゴ・ブルスも、近年の成績不振でかつての栄光はさっぱり。その人気回復のために結成されたのが、『新型チアリーダー』。しかし、普通と違うのは、メンバーの平均体重が140キロという巨漢デブ男集団なのだ。

シカゴ・ブルズ(水牛)のチーム名にちなんで、このチアリーダーの名前は「マタドールズ(闘牛士たち)」だが、むしろメンバー全員が「牛」といった風貌。メンバーは、オーディションで選ばれた14名で、それぞれファイナンシャル・アナリストやコンピューター・プログラマーなどのさまざまな本職を持っているが、いずれも共通しているのは「熱狂的なブルズ・ファンのデブ」であること。

「YMCA」が場内に響き渡ると、マタドールスが登場。会場が一気に沸きあがり、所狭しと汗をとばしながら舞い踊る14人の巨漢に、マスコミも注目。スポーツ番組ならずとも、トークショウなどのテレビ番組のゲストでもひっぱりだこ。残念ながら、『マタドールズ』の活躍は今期限りらしいが、今後の人気によっては・・・。

基本的にこの『マタドールズ』の活動はボランティア。試合が本拠地シカゴである時にダンス・パフォーマンスをするが、その際に、観戦チケット2枚と駐車場代、ホットドックやソーダなどのスタジアムで売っている食事の限られたタダ券がもらえるだけ。マタドールズ・メンバーには独身者も多いが、本家女性チアリーダーとのロマンスも、今のところ皆無である。

ところで、NBAのチアリーダーといえば、モデル並みのスタイルと笑顔でダンスし、アイドル的な扱い。実際に、チアリーダーをステップにモデルや歌手になる例も。たとえば、本家チアリーダーのリズさんの場合はこんなプロフィールが公式サイトに。それが、『マタドールズ』のビルさんだと、こんな感じでバカ丸出し。ニックネームは「ビールのビル」。髪の色は「ブロンド。でもハゲかかってます♪」。チャームポイントは「赤ちゃんのような青い瞳とビールっ腹」。下着は「ボクサータイプ」と知りたくない情報も。しかし、実際に踊っているところ見ると、迫力あるというかなんというか。笑えるのは間違いなし。

シカゴ・マタドールズ 公式サイト このページのトップの写真をクリックすると各メンバーのプロフィールに。小ネタが効いていて面白い。こちらはオーディション風景で、結構ちゃんとやっている・・・ように見えて、後半に出てくる画像は白目むいててコントにしか見えない。本人真剣なのかもしれないけど。
シカゴ・ブルス 本家チアリーダーのサイト
Matadors give Chicago one reason to cheer