ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年03月19日

サウスパークに登場のめちゃくちゃ日本語歌詞

Good Times With Weapons .jpg

Good Times With Weapons

画像の上は「はみだし」でちょっと触れた今週から始まったサウスパーク第8シーズンのシーンから。カートマン達が骨董品店で手裏剣などの武器を手に入れ、ジャパニーズ忍者に脳内変身してしまうというエピソード。

北斗の拳とドラゴンボールとストリートファイターを足したようなむちゃくちゃな設定で、途中に出てきた主題歌がとにかくすごい!多分トレイ・パーカーが歌ってると思うけど「大切なもの To Protect my balls!」(大切なものは、金玉をまもること!)とか、歌詞の中に金玉、ちんちん連発!普通に見ているアメリカ人視聴者は歌詞の意味がわかってないのがこれまたクール。突然、字幕で「珍棒」とか出てくるし。(私はとても視力が悪いので一瞬「珍」が「肉」に見えて、"Meat Stick" で"Dick"の意味だよ。と誤訳を相方にしてしまったのですが。まんざら誤訳でもないか。意訳くらい。爆笑してもらえたし)カートマンのタトゥーは「味」って書いてあるし。

現在、歌の歌詞を探している最中です。つうか、全然見つからないよ!

追記)Naomiさんから歌詞の載っているサイトを教えてもらいました!本当にありがとうございます!!サイトやっててよかった!

Lets Fighting Love from South park #801
Subarashii chinchin mono / 素晴らしい ちんちん モノ
Kintama no kami aru / 金玉の髪ある
Sore no oto ha sarubobo / それの音は さるぼーぼー
Iie! Ninja ga imasu / いいえ!忍者がいます
Hey hey let's go kenka suru / ヘイ!ヘイ!レッツゴー ケンカする
Taisetsu no mono protect my balls! / 大切のモノ プロテクト マイボールズ
Boku ga warui so let's fighting... / 僕が 悪い そうファイティング
Let's fighting love! / レッツ ファインティング ラブ!
Let's fighting love! / レッツ ファインティング ラブ!
Kono uta chotto baka / この歌 ちょっとバカ
Wake ga wakaranai / わけが わからない
Eigo ga mechakucha / 英語がめちゃくちゃ
Daijobu? We do it all the time! / 大丈夫?We do it all the time!
Hey hey let's go kenka suru... / ヘイ!ヘイ!レッツゴー ケンカする

・・・といった歌詞の曲が、ドラゴンボールの主題歌にありそうっぽい感じの曲調で、ガイジンさん訛りの日本語で歌われております。日本の皆の衆は、あえて訳を書かなくても意味は大体わかると思いますが、歌詞といっしょに書いてあった一応誰かが英語に訳したものも念のため
This wonderful penis thing And golden balls' hair are here.
Is that the sound of a sarubobo? No! It's the ninjas!
Hey hey let's go fight! This is important: protect my balls!
I am evil, so let's fighting... Let's fighting love! Let's fighting love!
This song is a little stupid It doesn't make sense
Its English is fxxked up Is that OK? We do it all the time! Hey hey let's go fight...

よいこのみんなのために書いておくと、「Let's fighting love!」つうのは文法として間違えてます。その辺が逆に日本の歌にありそうですけどね。

んんんっと、それでもあえて意訳すると 「何かがやってくる音がする。サルボーボーの。それは素晴らしいちんちんか、金玉の髪の音?違う!忍者たちだ!さあ戦いに行こう!金玉を守るのは大切だ。僕が悪いのさ。だから戦おう。愛のために。だから戦おう。愛のために。
この歌はちょっと変。まったく意味が無いし、英語がめちゃくちゃ。でもいいのかな?大丈夫、いつものことだ。だから愛のために戦おう!」
という感じかな。やっぱすげートレイ・パーカー&マット・ストーン

チンポコ☆モン!この回は未だに日本未公開なのでしょうか。

さらに取り留めなく、またまた情報追加)

この画像は、アメリカの神がキャプした例の歌「レッツ・ファイティング・ラブ」に出てくる字幕。
"Kame"ではなく"Kami"(髪=毛)であることが判明なので上記修正。それと"Kintama"はキンタマではなく漢字表記が正しいことも確認。どうでもいいけど。そしてサルボボとは飛騨高山の人形のお守りのことらしい。初めて聞いた。でも、クリエーターのトレイとマットは「Monkey Cunt」(猿の女性器つうか、ボボ=アレ)という意味で使っているらしいとの事。

で、【各キャラのこのエピソードでの特徴】 名前・武器・忍者名・見た目の特徴

カイル(青い帽子) ・ヌンチャク ・Bounaku ・ブルース・リー
カートマン(デブ) ・サイ刀 ・Bulrog ・???
ケニー(オレンジ) ・手裏剣 ・??? ・十兵衛(Ninja Scroll)
スタン(緑の帽子) ・トンファ ・Sharohach i・リュウ(ストリートファイター)

それとストーリーの中で、メルギブ「パッション」とジャネット・ジャクソンぽろりをギャグにしたりも。

今のところDLできそうなのは↓(音声)
ttp://www.bafeagle.com/tmp/801z.avi
エピソード丸ごと(22分04秒)DLしてしまうので、例の歌「レッツ・ファイティング・ラブ」は12分40秒あたりから始まります。
上のURLは後で消すかもしれないので、ご自分で保存して置いてください。
すごいキャッチーなので、即効口ずさみたくなること間違いなし。

Taisetsu na mono プロテクト マイ・ボールズ!

※なんか誤解している人も居るみたいですが、このエピソードでは日本のアニメをばかにしたり侮辱したりしてないですよ。なんでそんな風に捉えるんだろ。トレイとマットはばりばりの日本アニメオタクさんたちだし。

そしてまたどうでもいい解釈のつけたし。
ガイジンさんたちが解釈しているものを見ると「Kintama no kami aru」は”金玉の毛”だけど、「毛深い金玉」を指しているのではないかという解釈があり。「sarubobo」が、おそらく「(猿のような)ボボ=女性のアレ」なので、多分、「毛深い金玉」説はいい線のような気がします。じゃ、プロテクト マイ・バウルズ!

すっごいバカな歌詞に思えますが、この回のストーリーが「子供が危険なオモチャを使って遊ぶことの危険性についての問題、がいつのまにか公共の場での露出(カートマンが全裸になる)というどうでもいい議論に変わる」みたいな話なので、まんざら歌詞が意味が無いわけでもないのかな、と思ったりね。じゃ、プロテクト マイ・バウルズ!

公式にあがってました。
http://www.southparkstudios.com/down/video.html?season=8
↓がレッツファイティンラブPV
http://images.southparkstudios.com/media/video/801/song.mov
↓ストーリーボード(絵コンテ)。カートマン恐い。
http://www.southparkstudios.com/behind/storyboards.html?epid=801

English Translation of this article