ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年03月20日

メルギブ、今度はユダヤ教映画製作?

キリスト最期の12時間を描いた「パッション」で物議を醸しているメル・ギブソンが、また宗教映画をつくることに興味を抱いているらしい。しかし、今度のテーマンはユダヤ教の休日のひとつである「ハヌカ」について。

メル・ギブソンは映画「パッション」で描かれたユダヤ人像に関してユダヤ教徒から「差別的である」と非難されている。メル・ギブソンが関心を示しているのはハヌカの元になった「マカベアの反乱(the Revolt Of The Maccabees)」で、「マカベアに関する話は、常に私の創造力をかきたてる」とギブソンは語っている。「マカベア家は戦いのために立ち上がり、そして銃を放ち勝利する。まるで西部劇のようじゃないか!」と。マカベア家はイエスの誕生の200年前に3年に渡る戦争を起こし、宗教弾圧をしたアンティオコスと戦い勝利し、イスラエルの解放を導いたとされている。

ユダヤ教の歴史を西部劇と結びつけるというギブソンのユダヤ教への興味は反中傷(名誉毀損・差別)主義同盟を気がかりにさせている。この代表、エイブ・フォックスマン氏は「私の(この考えに対する回答はこうだ。我々の最も大切にする歴史事項のひとつを西部劇になぞらえるなんて、”ありがとう。でも結構。”」

ふ〜ん。ハヌカつうたら、名曲ハヌカソングだな。一応書いておくと、ハヌカはクリスマスと同じ時期に8日間あるジューイッシュのホリデー。

アダム・サンドラーのハヌカソング3 ハヌカソング2 ハヌカソング1
ハヌカのことを描いているけどまったく役に立たない日本未公開アニメ「アダム・サンドラーのエイト・クレイジー・ナイツ」 日本じゃ公開できないし、してもしょうがない映画。感想はコチラ
NY式ハッピーセラピー 日本では3/20から公開っしょ? これはアダム・サンドラー主演映画なんだからね!
Gibson Planning Jewish Movie