ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年03月24日

トホホ度では江角並み?ブッシュ自身が禁止した商品がブッシュ再選グッズとして販売される

今年の大統領選で再選をめざすブッシュ=チェイニー勢の応援キャンペーン商品の中に、昨年ブッシュ大統領が輸入規制したミャンマー製のセーターが含まれていることが明らかになった。

この商品はスポルディング社が輸入したブッシュ=チェイニー再選キャンペーン・ロゴの刺繍入りのフリース・セーターで49.95ドル(6千円)のものだった。スポルディング社のジャクソン社長は、ミャンマーからの輸入禁止令が発効される前に製造されたものだと答えた。

ミャンマー(ビルマ)の人権および民主主義に対する抑制的な政権に反対するため、

昨年9月1日ブッシュ大統領はミャンマーからの輸入禁止の法案に署名し承認された。

前述のジャクソン社長は、「人権問題からミャンマー商品が禁止になるのを事前に知っていたとしたら、もちろんミャンマーで商品は作らなかっただろう。これは故意ではない」と語る。

この「メイド・イン・ビルマ」商品はすでに10枚ほどが販売され、消費者の手元に届いているという。先週の木曜日の段階で、およそ60枚が在庫としてあり、そのうち2枚が「メイド・イン・ビルマ」のタグがついているものだったという。ブッシュ=チェイニー陣営のスポークスマンは「会社は間違いを認めていて責任があることも自覚している。現在はウェブサイト上では、すべて「メイド・イン・USA」の商品のみが販売されていることも確認した」と語った。

スポルディング社は1984年に設立された共和党関係の印刷物・グッズを販売する会社で、ブッシュ=チェイニー陣営のキャンペーン商品も、ステッカー・ロゴ入りマグカップから洋服までライセンスを請け負って生産している。

ニューヨークにあるロングアイランド紙では、問題が発覚した後の先週の金曜日にオンライン販売されていたこのフリースセーターを注文したところ、未だに「メイド・イン・ビルマ」のタグがついたままの商品が送られてきたという。

トホホ度では日本のアノ問題を連想してしまいますが。
画像は全然この記事と関係ないのですが、ブッシュ大統領が大学時代に男子チアリーダー(プ)だったときの写真です。

ブッシュ=チェイニー再選キャンペーンロゴいりグッズのサイト 確かに現在はすべて「メイド・イン・USA」表記のものばかりになってます。

Bush-Cheney merchandiser sells Myanmar-made pullovers despite ban