ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年04月03日

米アニメ「シンプソンズ」の声優のギャラは1話当たり1300万円だった!

アメリカで放送されている長寿人気アニメ番組の「シンプソンズ」の製作が声優の新規契約のギャラ賃上げ交渉のため一時ストップしていることが、明らかになった。

業界専門誌バラエティ誌によると、主要キャラクターを務める6人の声優が、2話分の収録に訪れていなく、第16シーズンの製作が滞っていると言う。

内部関係者によると、声優陣は一人当たり、1話36万ドル(4000万円)のギャラ、もしくは22話で8ミリオンドル(8.8億円)のギャラを要求していると言う。現在では、各々のギャラは1話あたり12万5千ドル(1300万円)である。

6人の声優たちの3年契約は数ヶ月前に終了しており、代表者が交渉に当たっているがその甲斐がなく収録が中断していると言う。

「シンプソンズ」は1998年にもギャラ闘争があり、その際の声優のギャラは1話あたり3万ドル(330万円)だった。その際は番組制作に当たった20世紀フォックスのテレビのプロデューサーはキャスティングディレクターを雇い、5名の声優を代役として使うとして、結果、契約合意にこぎつけた。
どう!「シンプソンズ」のギャラって高いんですね。ちなみにシンプソンズの声優は、映画やテレビでも普通に俳優として活躍している人が多く、あの「アクターズスタジオ」にも「シンプソンズ」のキャストとして出演したりしています。

6人はDan Castellaneta (Homer), Hank Azaria (Moe, Apu, Comic Book Guy)映画「バードケイジ」の召使役, Harry Shearer (Mr. Burns and others)映画「みんなのうた」で最後に女性になる役, Yeardley Smith (Lisa), Julie Kavner (Marge)映画「レナードの朝 」の看護婦役、 Nancy Cartwright (Bart)

アニメ「シンプソンズ」の母がセクシー男性誌の表紙に 淫らな母マージで
現在アメリカのテレビ業界で一番ギャラの高い人 ドラマ「Everybody Loves Raymond」のジェイ・ロマーノで1話あたり1.8ミリオンドル(約2.1億円)!
'Simpsons' Stars Strike for More D'oh - Report