ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年04月20日

超毛深いヒツジ、遂に毛を刈ることに(ちょいキモ)

30キロほどの羊毛を蓄えたメリノヒツジの”シュレック”がニュージーランドで話題になっている。

この”シュレック”と名づけられたヒツジは9歳になるが、6年もの間、羊飼いから逃げ”毛刈り”を免れてきた。

20センチ以上もある毛で全身が覆われて、体がほとんど見えないため、熟練した技術を持つことで有名なダニエルさんの手で刈られることとなった。ダニエルさんによると、このシュレック1匹の羊毛から、高級で有名なメリノウールの男性用スーツが20着仕立てられるほどの量がとれるという。

この超毛深いヒツジ・シュレックの毛刈り式は、日曜日の夜に行われる予定で、飼い主のジョンさんによると、動物のドキュメンタリーとしてシュレックの毛刈りを取材したがっているテレビ局から連絡があったという。また、毛刈りをすればチャリティ用に金銭を寄付するとの申し出もあったという。

Super Furry Sheep Finally Getting Haircut 動画画像スライドショーもあり。すごい。超でかいゴミの塊みたい。掃除機の中の。キモイっていうかある意味、めちゃめちゃ偉そう。

追記)
続報・超毛深いヒツジの中に人は居たか。 そして、いよいよ行われた毛刈り式の様子を画像付で紹介。