ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年04月26日

”目隠しポルノ万引き少年”の刑が執行される(画像つき)

先日「アダルトビデオ盗んだ少年に目隠しで立たされる温情?刑」として紹介したニュースの刑が執行された。

少年は、アダルトビデオを盗んだ罪で有罪となったが、妙な判決を下すことで有名なチコネッテイ判事の”温情”により「30日間刑務所へ行く」か「万引きをした店の前で目隠しをして4時間立たされ、高校を卒業する」という選択を迫られ、後者を選んだ。

少年はアダルトビデオショップの通りをはさんだところで"See no evil."(邪悪なものを見ません) という看板を持って刑を執行した。ジェレミー少年は「刑務所に行かずにすみ、僕にチャンスを与えてくれたチコネッテイ判事に大変感謝しています」と答えた。

blindhold2.jpgチコネッティ判事は「ええ、この刑は屈辱的でしょう。それに恥ずかしい。問題はこれによって何かを学べたか?ということ。今のところ、上手く言っているようだ。」と語った。

実際、チコネッティ判事が下した何百もの”異例判決”で、その後犯罪を繰り返したものはわずか2名だという。「見物人は彼に石を投げつけるようなことはしないで欲しい。それが”正義”とは何かを学ぶことにもなる」とも話している。

おもったより、ジェレミー君がワル面でびびりました。
”立たされ”ではなくエラそーに座っているのにも驚きましたが、これで本当に再犯がなくなんるんですかね。”しゃれ”が効いた目隠しの理由はわかりましたが、閑散としたところでしかも店から通り越しだし、たいして恥ずかしくもないような。

ジェレミー君目隠しの刑執行スライドショー

画像の青いシャツは”温情”判事のチコネッティさん。彼が以前に下した”妙な判決”には
●警官を「豚」と呼んだ男に、ブタ小屋で暮す刑
●クリスマスのイエス・キリストが生まれたときの人形を盗んだ者に、ロバと一緒に乳母車で街中を歩く刑
●海岸でエッチなことをしていたカップルに、謝罪文を発行させる刑
○警官の尋問から車で逃げた男に、カーレースに出場させる刑
○カーステレオが大音量騒音の男に、森の中でクラシック音楽を聴いて静かに過ごす刑
などがあったそうです。
チコネッティさん関連 妙判決の数々(英語)

犬小屋暮らし1ヶ月の刑
アメリカ妙な法律