ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年05月03日

マイケル・ジャクソン・下着を検察が押収、DNA鑑定へ&マイケルが書いた少年の絵

マイケル・ジャクソン事件を捜査している地元検察官は、マイケル・ジャクソンのグッズを膨大にコレクションしている男性から、下着のパンツなどを含む6点を押収したと報道された。

このコレクションを所有するヘンリー・ヴァッカロさんによるとジャクソン被告の体液がついていると思われるカルバン・クラインのパンツ2点を検察に提出したという。検察はこれを元にDNA鑑定をするのではないかと言われている。

他の参考品には、マイケル・ジャクソンの自宅「ネバーランド」に遊びに来る少年達を相手に「Rubbers」と称したクラブをつくり、その会員規約が記載されたメモがあった。メモの中には

●会員はいつもクレイジーなふるまいをすること。
●日曜日は断食をし、ベジタリアンであること。
●コメディ「3バカ大将」を毎日2本見ること。
●「ピーターパン」を暗記すること。
●他の会員と目が合ったら、ピースサインをすること。
など14の規則が書かれて、会員用のバッジもあったという。

上の画像はヴァッカロさんが所有するコレクションのひとつ。マイケル・ジャクソンが描いた少年の絵。右はそのデッサンで、写っているチューブは絵の具ではなくて、Eldopaqueと呼ばれる皮膚の漂白する薬品だそうで。

Jackson Items Given to Investigators  興味深い記事なのでエキサイト翻訳で貼っておきます。
Thriller: How Vaccaro beat the Jacksons 膨大なコレクションの記事。写真も
Jackson family memorabilia sold

すごい会員規約だ。強制的に「3ばか大将」2本を毎日、ってのはきついな。週2ぐらいならいいけど。
デッサンを見ると、”鼻”の描写に一番こだわりがあるようですね。さすがマイコー!