ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年05月20日

”食べてはいけない!”汚い食べ物ワースト10

アメリカの雑誌「メンズ・ヘルス」に”食べてはいけない!”汚い食べ物ワースト10が発表された。この汚い食べ物のリストは、アメリカ人には欠かせない食品の衛生面をチェックし、健康的でヘルシーな食品と思われていたものさえ危険な食物だと警告している。

10.ワケギ(青ねぎ・英名スカリオン)
未調理のスカリオン(日本のワケギと同じ)はバクテリアの繁殖地。しかもこのバクテリアはA型肝炎の大発祥のひきがねにもなってきた。

9.ハムなどの薄切り加工肉
あなたはランチでハムと一緒にリステリア菌を食べているのかもしれない。このバクテリアは幼児や高齢者が口にすれば死亡することさえある恐ろしいもの。店頭でハムをスライス加工する際に、リステリア菌が刃について他の肉へと汚染がさらに広がっていく。冷蔵庫の中でさえ、リステリア菌は繁殖してしまう。
「デリカテッセンで購入した加工肉は、その場でスライスした新鮮なものでも一週間以内に食べ切ることをすすめる」と専門家は話す。

8.グリーンサラダのパック
あらかじめパック詰めにして売られているグリーンサラダは最も食中毒になりやすい食品のひとつ。このパッケージの中には大腸菌がウヨウヨしている。

7.桃
けばけばのうぶ毛に付着した殺虫剤を洗い切ることは不可能。

6.カンタループ・メロン (見た目と食べ方は6月号のEyescreamのコラム参照♡のこと)
皮が網目状になっているのでバクテリアをすべて洗い流すことは困難。その上、ナイフで切ったときに刃に付着したバクテリアが中の果肉についてしまう。
「外側の皮が汚れているために問題を引き起こしてしまう、というのは果物全般に言えること」と専門家は話す。

5.卵
年間600,000 件にわたる食中毒を引き起こし、さらに300人以上の死者が出ている。「卵は病気になるために食べるような食品かもしれない」と専門家。

4.牡蠣
生で食べれば、あの世行きになることさえ。ほとんどがバクテリアまみれなのである。

3.ターキー(七面鳥)のひき肉
1/4の確立でバクテリアが付着している。牛ひき肉のヘルシーな代用として食されてきたが、汚さでも十分に代用されているといえるだろう。

2.牛ひき肉
ぞんざいに加工作業がされるため、恐ろしい大腸菌やその他のバクテリアが付着し繁殖する。

1.チキン(鶏肉)
今回の研究では40%以上に有害バクテリアが付着し、大腸菌も確認されたため食べてはいけない!”汚い食べ物ワースト10」の1位に。この検査をした人は「鶏は有益なバクテリアを元から保有しているものだが、有益バクテリアではない大腸菌が発見されたというのは異常事態だ。」と答えている。

何も食べられないじゃないか!!!!>アメリカ在住者の叫び。
でもずっといつか使おうと保存しておいたシュワ知事のラブリー画像が使えることができたのでヨシとしよう。

ちなみにカリフォルニア州で卵を生で食べることは違法です。ま、訴訟の国なので卵を生で食べて万が一のことがあっても、店や製造者ではなく食べた本人が悪い、という話だとおもいますが。なので、卵かけご飯なんて超ご法度。「吉牛」もありますが、生卵なんて当然置いてないし。

Top 10 Dirtiest Foods Will Make You Sick