ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年05月22日

発売禁止アルバム・ジャケット画像ギャラリー

発売禁止や画像修正を求められたり、物議を醸したアルバムのジャケット10点の画像ギャラリー。

過激なイメージだで差し替えられたとして有名なビートルズのいわゆる"ブッチャー・カバー”やガンズ・アンド・ローゼズのAppetite for Destructionもあり。
Appetite for Destructionの現行のジャケットはコレ。どっちかというと初版のデザインはユーズ・ユア・イリュージョンぽいのね。

以下は紹介されているアルバムから主なものの解説。コチラと見比べながらどうぞ。

◆Dilated Peoples, Target Practice
シングルカットされたこの曲のジャケットは、911の事件以降に”攻撃目標”を連想させるとして発禁処分。

◆Roger Waters, The Pros and Cons of Hitchhiking
フェミニスト団体から性差別だとして圧力がかかり、女性のお尻の部分が黒く隠された。現在出回っているものはカバーで隠されていないが、発売当時の黒く隠されているものはコレ。よっぽどこのほうがイヤラシイ。

◆Ice Cube, Death Certificate
今では映画俳優としての活動のほうが目立つアイス・キューブのソロ・デビュー・アルバム。アメリカとアメリカン・ドリームを象徴するアンクル・サムが死体になっているジャケットや過激な政府批判の内容の歌詞が問題となり多くの店で販売ボイコット。オレゴン州ではジャケットの店頭置きが全面禁止だったとか。

◆The Five Keys, On Stage!
一見、発禁とは縁もゆかりもなさそうなドウワップ・グループ。が、このアルバムが発売された後、消費者からリードボーカル(左端)がペニスを出しているように見えると抗議が殺到(もちろんこれは指)。販売していたキャピトル・レコードは急遽、問題の部分をエアブラシで隠して画像処理して見えないようにした。
・・・つうか、そんな風に見える?

◆The Beatles, Yesterday and Today
ビートルズの4人がブッチャー(食肉の解体作業員)に扮し、切断された人形や血の滴る生肉とともに笑顔で写るジャケットは発売直後、流通から販売拒否をくらい即回収。無表情でトランクとともに写る画像が上に付けられて再販売。もちろんこのブッチャー版は超レアものでコレクターの憧れの一品である。参考:トランクカバーの画像

The covers they didn't want you to see
Gallery Of The Forbidden