ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年07月05日

小林尊はホットドッグ早食い界のマイケル・ジョーダン


アメリカの独立記念日の恒例行事・ホットドッグ早食いコンテストで小林尊さんが優勝したとの事。掲示板で教えてもらったのですが、私がのうのうと日曜日の朝・ウィンブルドンを見ている最中に裏番組でこの模様が全国生放送されていたそうです。

私は見逃してしまったのですが、その後のニュースではCNNでもCBSでもNBCでも「コビヤ〜シ」さん(アメリカ人流発音)の活躍は放送されまくり。日本から"ツナミ”がやってきたって、大変!("ツナミ”は"カラオケ”と同様、英語になった日本語なんですけど)

コビヤ〜シさんは132lbs(約60キロ)で53.5本を12分で食べるという快挙で、アメリカ人もびっくりですよ。なんでも中継では「コビヤシさん、他の人が一本のホットドッグをもぐもぐ食べる中、二本いっぺんに食べるんですよ。他にも、ソーセージだけ先に食べて、バンズはビールに浸して後から食べる、などという凡人にはできないテクを披露!もしかしてあれでほんとに萌えていた方がいたのかも。」(掲示板から引用させてもらいました。Thanxです)
・・・なんてステキなホットドッグ・イーター3位になったゆでたまご大好き女性は体重45キロだそうです。この韓国人のソニヤさんは早喰いで賞金を今までに3万ドル(330万円)稼いでいるとか。

で、後日ワタシも再放送でこの番組を見ました。

番組は、ホットドッグ早食いコンテストのくせになぜかスポーツ専門チャンネルのESPNで放送で、わずか12分間の早喰い番組にも関わらず1時間の特番。小林氏はスター扱い。番組の冒頭、実況アナが「恒例のホットドッグ早喰い大会、ディフェンディング・チャンピオンの小林を今年は倒す勇者が出てくるのか?それとも小林が連覇して”ホットドッグ早食い大会のマイケル・ジョーダン”の名を欲しいままにするのか?!」とやたら持ち上げる。そしてこれまでの小林氏の経歴等が紹介され、2001年にホットドッグ50本平らげたときのカロリーは16000Kcalだったなどといった豆知識も。

本戦以外は、”いかにチャンピオン・小林に勝つか”と特訓を組むアメリカ人デブ男ふたり(「クッキー・ジョン」「ハングリー・チャーリー」)と韓国系女性(3位)の意気込みと、ホットドッグ早食いコンテストが由緒あるイベントで、いかにアメリカ人の心を揺るがすイベントなのかという説明がとってつけたように紹介される。しかし、所詮はホットドッグだろが。

そして本戦では「解説の人いわく彼はは食べながら身体をゆすって胃の中の食べ物を下げるようにしているとか、彼はこういうテクニックを持っているとスローモーションで何度もやっていました」りといったスポーツ番組テイストで番組は構成されてました。

「一年に一度のおバカ祭典だったのに、いきなりトレーニングを積んだマジな日本人が乗り込んできちゃったんでしょうね」というご意見に全く同意でございます。そしてそれをここぞとばかりに”エクストリーム・ホットドッグ早食いコンテスト化”する商魂たくましいアメリカ人・・・という構図がみえて面白かったですわん。