ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年07月17日

「泣きバー」が大人気

中国の南京で「泣きバー」がオープンし、大人気になっている地元メディアが伝えた。この店では、客は一時間当たり50元(9ドル=900円)を払って「泣き」に来る。

「泣きバー」にあるのは2.3のテーブルとソファだけ。ただ、特徴的なのは涙を拭うためのティッシュペーパーが置かれていることとチャイナ・ニュース・サービスが伝えている。

オーナーのLuo Jun氏は以前は結婚関連のエージェンシーを経営していた。そこで彼は多くの人に「泣きたい欲求」があるにも関わらず、泣くのに適切な場所がないことに気が付いた。そして、「泣きバー」のアイデアが思いついたのだ。

店を訪れ、今日の来店が3度目のある客は、「”泣きバー”は毎日の生活で感じるプレッシャーを振り落とすことに素晴らしい場所だ。と話していると言う。

Brisk business for 'cry bar'

この店に行って泣けなかったら、相当寒い状況に陥りそうですが。