ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年07月22日

ブッシュVSケリーのFlashとオカルト・ナンバー「ハインツ57」の話

昨日から日本在住の方から多数タレこみ&「ブッシュ&ケリーのふFlashがテレビで紹介されていました。面白かったのでもう一度見たいのですが、知りませんか?」といったメールをいっぱい頂いたので貼っておきます。アメリカではCNNでも紹介されてました。

This Land これは元々あるアメリカの歌「This Land」をカウボーイ・元テキサス州知事ブッシュ大統領&おハイソ・マサチューセッツ州選出議員・民主党大統領候補ジョン・ケリー氏で替え歌したものですね。

で、このFlashでもネタになっている話・・・・

日本でも有名だと思いますがケリー議員といえば、パープルハート勲章3つ(戦地で名誉の負傷をした兵士に贈られる勲章)ゲットのベトナム帰還兵であることと、ハインツ帝国との関係がネタになりやすいですね。

アメリカで「ケチャップといえばハインツ」のあのハインツ。ケリー議員の再婚相手・テレイザ・ハインツ・ケリーさんは故ペンシルバニア州上院議員で”ケチャップ王”ハインツの直系、ジョン・ハインツ3世と結婚。ジョンさんが飛行機事故で亡くなって5億ドル(550億円)以上もの遺産を受け継ぎ、ジョンさんとの間には3人の息子も。ケリー議員がアメリカ大統領になれば、テレイザさんはアメリカ史上最高齢のファーストレディになるらしい。そうは見えないけどね。

・・・・で、この話はよく耳にすると思うのですが、それとはちょっと外れてハインツのお話を。

Heinz 57(ハインツ・フィフティセブン)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ちょっとバンドの名前っぽいですが。これは”雑種”とか、”アメリカ国家””アメリカ人”の隠喩だったりを意味します。

なぜかと言うと・・・・

ハインツが創業した当時、発売されたのが”57”種の商品。ハインツ商品で創業当時の57に含まれていた商品には今でも必ず”one of the original "57 Varieties"..."というスローガンが記載されています。(実は57商品があったからではなくて、ラッキーナンバーの5と7をあわせた数字をの57をスローガンに使うべく、商品も57にあわせたらしい)

ハインツ社は実は創業当初、倒産したりと大変な会社経営だったのですが、57 Varietiesスローガンが当たり、以降「ケチャップといえばハインツ」という大企業になったといわれています。そのため”57”にはかなりこだわっていて、創業者のヘンリー・ハインツはあくまでも57にこだわり続け、後に「(57はハインツの)オカルト・ナンバーだから」と語っています。現在でも本社の住所は5757、私書箱は57、お客様窓口用電話番号は5750、となっています。

また、この57商品はもちろんケチャップだけではなくて、ピクルスやスープなども含まれているのですが、その中に「ハインツ・ソース」という定番商品があります。これはいわゆるバーベキューソースで日本の中濃ソースみたいなもんですが、57種の素材から作られています。

ま、とにかく57種という多種が集まって出来たハインツがまるで多くの人種から成り立つ国家・アメリカ合衆国のよう、ということで「ハインツ57=アメリカ合衆国」と隠喩に使ったりするみたいです。また、たとえば白人と言っても、アイリッシュ系、イギリス系、フランス系、ロシア系・・・と複数の祖先を持つアメリカ人のことを特に「ハインツ57」と言ったりもするようです。それが高じて”雑種”といった意味にも。

つまり、血族ではないにしろハインツ帝国の一員であるジョン・ケリー氏が大統領になれば、まさしくハインツが”ハインツ57”な”アメリカ合衆国”のトップになるわけですね。むしろ血族ではないところが、これまた”ハインツ57”的かもしれないと。

ケリー氏が大統領になった暁にはきっとどこかに”57”の因縁が隠れているのでは・・・。

ケリー上院議員ってどんな人?
民主党大統領選ケリー候補の義理の息子で超金持ち&モテのクリス・ハインツ氏 下の方のリンクを。
この透けパイドレスの女性の父親は意外な大物ケリー氏に二人居る娘のひとり。Flashネタにもなっているボトックス疑惑も