ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年09月17日

スターウォーズのヨーダのモデルはアインシュタインだった!

いよいよDVD化で発売になる「スターウォーズ・トリロジー」の特典で、数々のスターウォーズ誕生秘話が収められていることがわかった。

なかでも注目なのは、900歳のジェダイ・マスターの外見のモデルは天才物理学者・アルバート・アインシュタインであることがわかった。

また当初は、ルーク・スカイウォーカーはミジェット(小さい人)の設定で、ハンソロはエラつきの緑色のモンスターだったことも明かされた。

人気キャラのひとつ、チューバッカはルーカス監督の飼っていた犬と「2001年宇宙の旅」に出てくる類人猿のイメージをあわせたものだという。

ハリソン・フォードが演じたハン・ソロ役のオーディションにカート・ラッセルも挑戦したが、不合格になったというエピソードもある。

ゲイリー・オールドマンが務めると発表されていたエピソード3のスカイウォーズ史上最強の悪役であるジェダイの敵・グリーバス将軍(半分エイリアンで半分ロボットらしい。)の声は、SAG(俳優協会)規定にのっとった制作ではないので、オールドマンが「他のSAGメンバーに敬意を払っているし、(SAGメンバーはSAG規定ではない映画に出演しないという)規定を破ってまでアメリカで仕事をしたくない。」という理由で降板とか。う〜ん残念。

Star Wars secrets revealed

ヨーダのモデルは依田氏・・・というメールを送ってくるひと、記事よくよんでくださいね。"外見"ですから。ま、確認はDVD発売されたら見てみる、ってことですかね。