ABC振興会 バカ・ニュース From アッメ〜リカ 

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会++バカ情報フロム・アメリカ++

2004年10月25日

人気生番組でクチパクがバレちゃったアシュリー・シンプソンに大非難

先週の土曜日に放送された人気番組「サタデーナイトライブ(SNL)」にゲスト出演したアシュリー・シンプソンが、1曲目に大ヒット曲「ピーシズ・オブ・ミー」を披露。

そしておよそ1時間後に2曲目を披露しようとするが、イントロは1曲目と同じ「ピーシズ・オブ・ミー」で、アシュリーは歌っていないのにも関わらず、アシュリーの声が聞こえるという状態でクチパクが露呈。"曲"は即座に中断され、バックバンドがかわって演奏するものの、アシュリーはバンドメンバーを見渡し、おどけて妙なダンスを踊るのみ。

どうしていいかわからないアシュリーは、曲が始まって35秒後に結局ステージを降りてしまう・・・というSNL29年の歴史で始まって以来の珍事があった。

つまり、この日の「サタデーナイトライブ」はクチパク・ライブで、SNL側が曲を間違えてかけてしまったということ。

パパは元牧師。嘘はイクナイ!
後日、アシュリーの父でもありマネージャーでもあるジョーさんは、「アシュリーは当日具合が悪く、声が出なかった。”バックボーカル”が必要だった」と説明した。実際、木曜日にはアシュリーがライブでSNLのリハーサルを受けている様子が、MTVなどで取材・放映されていた。

一般的に音楽番組でクチパクは珍しくないことだが、SNLでは前例のないこと。SNLのエンディングでアシュリーが「I feel so bad. My band started playing the wrong song. (バンドが曲を間違えて演奏しちゃって・・・)」とバンドのせいにし、妙なダンスは「どうしていいかわかんなくって、カントリーダンスを踊って(ごまかして)みたんだけど・・・」と発言。

ashlee_snlending.jpgクチパクで尚且つ演奏途中にステージを降りたというSNL始まって以来の前代未聞の珍事をバンドのせいにしたことに非難が集中している。

今晩(月曜日)には、ラジオミュージックアワードでアシュリーが”ライブ”パフォーマンスをすることが予定されていて、今回の事件についてコメントをするのか、"クチパク"なのか注目されている。

実際に見ていてどうだったかと言うと・・・。

アシュリーは好きなのでまめにチェックしまして、以前にもティーンチョイスアワードやVMAプレショウでパフォーマンスを見た時、ライブが最悪だったので、SNLの1曲目でクチパクがわかって「さすがに老舗SNLじゃ、恥ずかしくって唄えないのかなあ」と思いました。

で、2曲目、「え?またピーシズ・オブ・ミー?」と思ったら、アシュリーが変な踊りを踊りだした・・・と思うやいなや、番組がいきなりCMに!状況がよくつかめなかったのですが、とにかく「おお!放送事故だあ」とちょっとコウフン。

ただ、私が見ているのは西海岸からで、ライブをしているNYではちゃんと放送してた可能性もあるので(時差で3時間遅れの放送。地元局がスイッチングを間違えた地域的な事故の可能性もあった)、なにやらわけがわからず・・・と思っていたらエンディングで前述の”言い訳”。

バンドのせいにしてましたが、それで「やっぱりあれは”珍事”だった」と再確認した次第です。

SNLにゲストで出演するというコトは、「一流芸能人・ミュージシャン」の仲間入りをしたと認められたと同じことなので、正直、SNLのゲストに新人のアシュリーが出ると聞いて、すげーなと思ったのですが、今回の件がアシュリーにとってどうなるか・・・。ニュース番組ではSNL出演の映像が繰り返し放送されているので、ジャネット・ジャクソン★ポロリ以来の大事件というか露出になっていることは間違いないと思いますけど。

悲しいことに、テープ音が消された後にバックバンドは音を拾って、ちゃんと演奏しているんですよね・・・。

MTVニュースの動画 クチパク騒動の例の35秒の動画。ダンスが変。流行るかも?
お詫びするアシュリーの動画等のニュース動画 この日のゲストホストはジュード・ロウ。ジュード・ロウの姿も映っているのでジュード・ロウファンも必見。相変わらず綺麗ですが、この日はニッキー・ヒルトンやブレア首相のものまねなんかもしてました。

アシュリー・シンプソン ちゃんと歌ったのに7万人の観客から大ブーイングの嵐 オレンジボールハーフタイムでの大ブーイングの写真と動画

アシュリー・シンプソン

追記1)
アシュリー出演の「ラジオミュージックアワード」見ました!

パフォーマンスではバンドが「ピーシズオブミー」の演奏を始めると、アシュリーが後ろを向いて「コレ、違う曲よ!」とバンドに注意。で、「な〜んちゃって!」という自虐ギャグを披露。そして、今度はきちんと”ライブで”熱唱。ま、そこまではよかったのですが、やっぱりちと辛いかなあ>生歌。という感想です。

その後のインタビューでは「人間だから(間違いは)つきもの。具合が悪くて本当に声が出なかったの。本当に」と弁明。SNLのエンディングで「今日は声がでなかった〜」とか素直に言っちゃえばよかったのにねえ、と思うデス。

追記2)
「前例の無いこと」というコトに関して、前例が無いのは、クチパクではなくって演奏の途中で帰っちゃったことでした。すません!
バンビーノさんからも関連したタレこみ頂きました。サンクス☆

>SNLでは前例のないこと。
ところがあったみたいなんですよ、アシュリー以外にもクチパクが! D姐さんが二年位
前に紹介していらしたSNLのインタビュー本“Live from New York”の62p(ハードカ
バー版)を読むと、「アバはクチパクだった」てなことをローン・マイケルズが言ってお
ります。

ABBAです。アバ。うはは。ちなみにローン・マイケルズはSNLの名物エグゼクティブ・プロデューサーです。それと

「(ライターのマイケル・オドナヒューが)タイタニックのセットを作ってそこにアバを
乗せて沈めちゃうってネタをやろうとしてたなあ。彼はアバなんてカスだと思ってたから

ぎゃはは。確かにそんなエピソード読んだ気がします。“Live from New York: An Uncensored History of Saturday Night Live”はど厚いハードカバー本で、日本に帰ったときに長期滞在になるのがわかってたので持っていったんですが、凶器になりそうなぐらい重くて硬い本なんで、アメリカに帰るときに日本に置いてきてしまって。

この本はよくあるタレント本系にありがちな写真満載!ではないんですが、「セクース、ドラグ、ロッケン・コメディ」みたいなエピソード盛りだくさん&誰と誰が仲が悪いYO!&誰それは性格最悪だYO!&あいつはウンコ野郎でしーetcみたいなドロドロの話いっぱいで、非常に面白い本です。SNLを一度でも見たことある人には是非オススメ。アメリカの芸能界でも特に華やかな世界である”テレビ”と”コメディ”の暗部が見えちゃいますよん。