残念?ナタリー・ポートマン新作映画のヌードシーンがカットに

NPortman_closer.JPGアメリカで12月3日から公開されるジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ主演「Closer(クローザー)」に共演したナタリー・ポートマンの出演シーンのうち、セクシーシーンが監督の意向でカットになったという。

「レオン」で脚光を浴び、「スターウォーズシリーズ」で人気をさらに加速させたナタリー・ポートマンも23歳。この映画に関して「この役を演じる上で脱ぐことは不可欠」と覚悟を決めていたストリッパーの役だった。しかし、監督のマイク・ニコルズ(「卒業」でアカデミー監督賞受賞)が「フルヌードのみだらなシーンはこの映画には必要ない」と感じ、カットすることを決めたという。

ポートマンは「自分の父親がする以上に、監督は私の裸のお尻を見ることに戸惑っていたわ。私のことを両親以上に守ってくれていたの。セクシーで肉体的なコトは、監督にとって居心地の悪いものだったみたい」と語っている。

↑おお、ナタリーたんが回る回る!全部がカットになったわけではなく、ヌードでも一部の”映画に必要な”シーンは残されているようです。そういえば、ナタリー・ポートマンはイスラエル出身だけど、この映画はイスラエルでは‥‥・?。


**[この記事への直リン用URL]**2004年11月25日 00:59(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/