家事をしない子どもに両親がストライキ

Striking_parents.JPGフロリダ州のバナード家では、皿洗い、ごみ出し、洗濯物、といった家事が山積みになっていて、17歳の息子と12歳の娘に片すように頼んだが、子どもたちは手伝おうとはしなかった。

そこで両親は、ストライキを決意。家の前庭にテントを張ってその中で暮らすことにした。月曜日からテントに暮らしていて、家の中に入るのはシャワーとトイレのときだけ。椅子に腰掛け、簡易コンロでマッシュルームを焼いて食事をとる。「反心理学の手法でやっているんです」という。母親のキャットさんは口内の大手術をしたばかりにも関わらず、息子は芝刈りを手伝おうとはしなかった。

テント暮らし初日、子どもが学校から帰ってきて、困惑していたと言う。「両親ストライキ中 協力と尊敬の念を求む!」というプラカードを掲げた母親の姿を見つけたからだ。「すごく不便なんだよ」と息子は話す。「電話が鳴るたびに外に出て、(親を)呼ばなければならないから」

両親の行動を「(育児)放棄」とみなされるかどうかは、この親がどれだけ指導をしつつ、子どもが反省をしたかによると、地元のチルドレン&ペアレンツ局の広報担当はコメントしている。

母親はすでにこのストライキに効果があったと思っている。火曜日には娘が自分の衣類を初めて自分で洗濯したからだ。「これは戦争なんです。わたしは子どもがかわいいけれども、彼らの行動には我慢できないのです」と母親は話している。

いくらなんでも変な親だと思うんですが。自分の親はこんな親じゃなくって本当によかった。

Two Florida parents strike against kids


**[この記事への直リン用URL]**2004年12月08日 20:17(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/