アシュリー・シンプソン ちゃんと歌ったのに7万人の観客から大ブーイングの嵐

 1月4日にフロリダ州マイアミで行われたオレンジボールのハーフタイムショーで、アシュリー・シンプソンがまたも大大大ブーイングの嵐を浴びることになってしまった。

オレンジボウルは一年の幕開けになるフットボールの大学選手権という一大イベント。スタジアムには7万2千人が押しかけ、カリフォルニア州のUSC(南カリフォルニア大学)とオクラホマ大学が大学ナンバーワンの座を賭けて戦った。

その大事な一戦で行われたハーフタイムショー。アシュリーの前にパフォーマンスをしたケリー・クラクソンは、マイクが不調でケリーの声が観客に聞こえないというハプニング。曲の途中でマイクを取り替えた。

そして”トリ”を務めたアシュリー・シンプソン。前日の記者会見で「USCとオクラホマのどちらを応援するか?」という質問に、「(テキサス出身だけど、今はカリフォルニアに住んでいるので)私、今はカリフォルニア・ガールだしぃ」といって、カリフォルニア住民からこっそりヒンシュクを買っていた。

SNLでのクチパク事件以来、アシュリーが歌うだけで「今回はちゃんと歌うのか?」「カントリーダンスがまた出るか?」と注目されるが、オレンジボールではチアリーダーたちを従えちゃんと熱唱。しかし、曲が終わると観客からの大大大ブーイング。あまりのブーイングの大きさに生放送していたテレビでもしっかりとブーイングの音声が拾われている。アシュリーにとっては(ちゃんと歌ったのに)まさかの大ブーングで、あっけにとられるアシュリー。テレビカメラはそのアシュリーの顔を映しだしたが、即座にカメラワークが切り替えられた。

オレンジボウルの主催側は「観客はアシュリー・シンプソンの今日のパフォーマンスには満足していたと思う。ブーイングはSNLでの事件に対しての反動だろう」と発表している。アシュリー側は現在のところコメントを発表していない。

アシュリーみたいなかわいこちゃんは大好きなんですけど、彼女の生歌は聴いている人を不安にさせる魔力がありますな。いっそのこと、もうゴス路線で…。

アシュリー・シンプソン 7万人の観客から大ブーイングの嵐の動画 ブーイングを受けたアシュリーの顔はまさに (;゚Д゚)  です。しかし、歌下手だよな…。ブーイング3秒前の「お!お!お!」っていうダンスがまた流行ったりして。

人気生番組でクチパクがバレちゃったアシュリー・シンプソンに大非難

lohan_toshikosi2005.jpgクチパクでもうひとりちょっと話題になったのが、リンゼイ・ローハン

ともサンから(サンクす☆)のメールを引用させていただくと

最近リンゼイ・ローハンが好きでインターネットでいろいろと探しているんですが、そこで見つけたアメリカのサイトにリンゼイの口パク疑惑動画があったのでタレコミます!
http://www.big-boys.com/articles/lindsaylip.html

画像が荒く、分かるかな?って思ったのですが、荒いにもかかわらず分かりすぎるぐらい口パクで悲しいです。口パクを隠そうと必死にカメラワークを変えるテレビ局に対しても悲しさが。

(スクールウォーズのイメで)悲しがるな!と言いたい!くじけるな!と言いたい!(くじけちゃいないか…)

というのはですね、リンゼイがこのクチパクをしたのはABCのモーニングショウ。同じモーニングショーでも一番人気のNBCのTODAYで熱唱するならまだわかるけど、リンゼイ的には「朝からマジで歌ってられるかっつの。アタシが出演しただけでもありがたいと思えっつの。あたしゃ、元・天才子役だっつうの。」という、いい意味でのスタア☆の性(さが)がさせたクチパクなのです。

アシュリーとリンゼイで歌手として何が一番違うかといえば、リンゼイは本気だせば、ちゃ~んと歌えるっつうこと。それにリンゼイは今どきなダンスだってちゃんとできる。カントリーダンスや「お!お!お!」なんてダサいダンスはしない。するわけがない
。だけど、アシュリーの場合は散々「アシュリー・シンプソンショウ」というリアリティ番組で「私は姉のジェシカとは違うの」だの「私はアーティストなの」みたいな脱アイドル宣言みたいなことを言い続けてきたわけだから、そこでクチパクとなれば、反感を買うのもしょうがないところ。

MTVの2004~2005の年越し特番で、リンゼイもNYのタイムズスクエアでライブをしたけど、これもかなりクチパクに近いパフォーマンス。バックコーラス女性3人だし、あのNYの寒空の深夜に野外ライブだし、そかもこれまたダンスしまくりだったし…。それでも、「リンゼイの化粧濃すぎでツタンカーメンみたいじゃん」と思いつつも、なんだかセクシーで見ているほうとしてはどきどきしたわけですよ。

実際、大晦日のパフォーマンスもクチパクだったのでは?と疑惑がささやかれているけど、目撃者によればライブ前にきっちりサウンドチェックをしていて、ノーメイクロングコート姿だったために、周りの人は誰もリンゼイに気が付かなかったとか。それがクチパクしてないという理由になるかはよくわかりませんが。

ま、これからもリンゼイには適当にがんばって、つまり必死で売れようとせずにがんばって欲しいですね。ところで、リンゼイは大人気ドラマ「OC」のキャストらと映画に出演するそうで、こちらも強力。

最後にひとことつけくわえて置くと、アメリカのテレビ番組でクチパクは結構当たり前です。

リンゼイのPVはアノ人にそっくりかも? 18歳にしてすでに酒やけタバコやけかと思わせるハスキーな歌声が素敵。

追記)アシュリーのシークレット来日ライブを見たという方からタレこみをいただきました。サンクす☆

こにちわ!いつも楽しく記事読ませてもらってる、崖っぷち現役受験生の★ハイジ★です!
ここんところアシュリーのニュースが多いですけど、彼女のライブって、えぇ、最悪ですよ!!
実はAshは去年の8月に恵比寿でシークレットライブをやりまして、私行ったんですね。私もD姐さんと同じくカワイコちゃんは大っすきなんで、もうライブ会場の最前列だったくらいなんですよ!!もうポジションも完璧で、今夜はハッスルすぞぉお!!って思ってて、多分周りのファン達(主に中学生の女の子で、多分今夜が初ライブなのっ☆って感じの子ばっか)も、期待してたと思うの、で、す、が、すっげぇえええテンションの低いライブという結果に終わりました。まず、オーディエンスのノリが悪いわ悪いわ・・普通開演の瞬間って後ろからめっちゃ押されるじゃないですか、でもね、余裕でスキスキなんですよ!!んで、ステージ上を踊り狂うあふりーをもうただひたすら、「すっげー・・・。」って感じに見つめてるだけなんですね。跳ねる子もいないし。強いて言えば、Pieces of meの時は18人ぐらい歌詞を知ってたせいか、ちょっと盛り上がりました。みんな控えめなコーラスみたいな感じで。私的な意見ですが、私が思うに彼女ってステージ上からオーディエンスを引き込むパワーがないんですよね。なんか踊り狂って叫べばカッコいいぁ���辰弔ゼ�分なりのパフォーマンスの美学をもってるせいか・・・きっとそれが、オーディエンスの目からしてみればただの自己満にしか映らなかったり・・。アメリカで叩かれてるのをみても、納得しちゃいますな。
(文字化け部分、わからずなのでごめんなさい by D姐)

そうそう、アシュリー来日したんですよね。しかし、「ステージ上を踊り狂うあふりー」ってなんだか寒そうビーム出してたんでしょうね。目に浮かぶ感じ。ちょうどこの時、アシュリーの記事を雑誌で書くことが決まっててて、編集さんから「アシュリー来日するんで、絶好のタイミングです♪で、あんまりアシュリーのことは、厳しく突っ込まないでください~」と言われ、心の中では「本物のバカはAshのほうなのに~」と思いつつトーンかえて原稿を書いた記憶が蘇ってきましたよ。アルバム発売されたときは、新人にも関わらず1週目でアルバム売り上げ全米1位になって、スター誕生☆みたいな持ち上げられ方さんざんしたけどね。確かにアルバムはGeffinが全力で作っただけあって、イイ感じなんだけど、ライブがねえ。もう、ライブ無しで全てPV勝負で行っちゃえばいいんじゃな~い?この際。
エラそーなこと言っちゃうと、アシュリーはデビューがロック路線と決まる前まで、全然ロックとか聴いたりライブ行ったりするコでは無かったと思うので、本当にロックっぽいライブしたいならお勉強したほうがいいかもね。ロックは「踊り狂って叫べばカッコいい」わけじゃないしなあ。その点、本気で狂っちゃっているコートニー姉さんはやっぱりロックな女だね。

そういえば、2月にアシュリーのライブがLAであるなあ。
それと崖っぷち現役受験生の★ハイジ★さん、受験がんばってください!とにかく風邪なんか引かないように!この際!

それはそうと、早くパリスのデビュー姿が見たいものです!

間違った方向でがむしゃらにがんばってくれるでしょう。↑みたいなかんじで。



**[この記事への直リン用URL]**2005年01月05日 15:49(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/