腕に男性器移植で6.35cm→16.5cmに成長

ザ・サン紙が伝えるところによると、ロシアの男性が、腕に自分のペニスを移植し、長く成長させることに成功したという。

この男性の名前はセルゲイさんとしか明らかにされていないが、セルゲイさんは自分のペニスを前腕に移植し成長させた。

セルゲイさん(30)は、6.35cmだった自分のペニスを医師による手術で腕に移植した。その後、細胞組織のおかげで、ペニスは16.5cmに成長し、11時間に渡る手術で長くなったペニスを元の股間に縫合したという。

元に戻されたペニスは、手術を施したようには見えず自然で、数ヵ月後にはセックスもできるようになるという。

執刀医は「ペニスを見た女性には手術のお陰だと、まったく気がつかれないだろう」といっている。


**[この記事への直リン用URL]**2005年03月22日 18:08(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/