2005年6月23日

義腕を脳で動かせるサイボーグ人間が本当に登場した!
カテゴリー[ABCな三面記事]

事故で肩から腕を失った男性に義腕を装着し、その人造の腕を男性の意思で動かすことに成功した。研究者は身体の機能を機械化したバイオニックマンの誕生は史上初だと話している。、

サイボーグ化された腕を持つバイオニック・マンことジェス・サイリバンさん(54)は、電気会社で架線作業員として働いていたとき、作業中に誤って活線を触ってしまい、重度の火傷を負って両腕を失ってしまった。

現在、サリバンさんは最先端の技術による義腕を率先して試験的に装着している。手術でサリバンさんの腕の神経が、胸の正常な筋肉に着けられた。

「ジェスさんが手を握りたいと思えば、その気持ちがトランスミッターに送信され、手に伝わるのです。彼の意思が手に伝わるのです」とトッド・クイケン医師が説明する。

サリバンさんの腕は360度回転することができ、サリバンさんが腕で何かをしたいと思えば、数秒で人工腕に伝わることが感じられるという。バイオニック腕は本物の腕のように動かせるだけではなく、「感じる」こともできるのだ。

「これは私に希望を与えてくれます。私は負けん気の強い人間なので、何から何まで人に頼むのがいやでした。自分でできれば、自分ですることができます」

ゆくゆくは小さな感知センサーが指先に組み込まれ、サリバンさんは物の感触や温度を感じることができるだろうという。現在でも、髭剃り、食事、食品の持ち運び、新聞を読む、といった動作に問題ない。

リハビリテーション・インスティチュート・シカゴ(www.ric.org)病院の医師らは、この飛躍的な医学進歩技術で、切断手術を受けた患者や脊髄損傷患者、卒中に見舞われてしまった人などの人生を変えることができると話す。

しかし、このバイオニック腕が完成した場合、費用は6ミリオンドル(6億円)かかると予想される。

6億円という値段はアレですが、素晴らしい技術!まだ研究段階なのでサリバンさんは、この腕をいるでもつけているわけではなく、3月に2週間装着し、今回が2度目とか。夏には、負傷した元兵士の女性でも試験装着する予定。

Chicago Doctors Create Real Bionic Man コチラからニュース動画。PLAYをクリックして。

この巨大な膨らみは?スイカ3個大30キロの腫瘍、手術で摘出成功 画像が大胆なので、御注意を。
腕に男性器移植で6.35cm→16.5cmに成長 これまた素晴らしい技術…か。
お金が無いから‥‥自分で腎臓結石手術をした男性 痛いっつの。
豊胸疑惑を晴らすために女優が胸のレントゲン写真公開

**[この記事への直リン用URL]**2005年06月23日 23:57(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net