2005年6月 7日

着陸体勢の機体から人間の足が落下、民家の庭に
カテゴリー[ABCな三面記事]

saa_ashi.jpg着陸しようとした飛行機の車輪部分から、人間の脚が落下したという事件が起こったとニューヨークのJFK空港の関係者が発表した。

着陸しようとして左車輪部分から、人間の足が落ちた飛行機はサウスアフリカ航空の203便で、他の部分は着陸後に発見された。

捜査官らによれば、機体から飛び出した脚は、密航で乗り込んだ男性のものと思われているが、男性の詳細は未だに調査中である。

また、ナッソー警察では午前10時51分にフローラルパークの民家の裏庭から人間の遺体の一部が見つかったと通報があった。ナッソー警察によれば、この遺体はガレージの屋上にぶつかり、地面に落ちたものだとみられている。フローラルパークは、空港から8キロ先で、飛行機がちょうど離陸体制に入る場所だと言う。

サウスアフリカ航空機はヨハネスブルグ発だが、この機はセネガルのダカールに寄航している。

**[この記事への直リン用URL]**2005年06月07日 13:20(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net