2005年7月 1日

1日に交尾16回!好色ロバが島流しに
カテゴリー[ABCな三面記事]

ero_donkey.jpgクロアチアの国立公園で、他のメスロバを追いかけまわして日に16回も交尾するオスのロバを孤島に追い出すことに決定した。

このエロ・ロバには”アーガ”という名前が付いているが、公園を訪れた観光客に対しても交尾をしようとしたと苦情が出たために、公園の関係者は今回の措置を決定した。

また、観光客からは、アーガの貪欲な性欲を恐れて他のメスロバが隠れてしまい、人間にもなつかなくなってしまっているとの声があがっていた。

クロアチアの南部にあるテラシカ国立公園では、野生のロバの群れが公園の目玉になって観光客が詰め掛けるようになっていた矢先のできごとだった。

アーガが捕獲され、絶海の孤島に送られて、他のロバは喜んでいるようだと公園関係者は話す。

広報にいよれば、島には十分な食料と水があるため、性欲を満たす相手がいないだけで、アーガは元気に暮らしているだろうと説明する。

「他のロバはアーガを恐れて隠れてしまし、観光客ともふれあっていませんでしたが、アーガがいなくなって、他のロバは姿を現して、元気に観光客となついています」という。

今日は16回、って数えている人も大変だったろうなあ。

**[この記事への直リン用URL]**2005年07月01日 22:40(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

サイト・ナビ