ブルース・ウィリスの映画をめぐって口論し鼻を食いちぎられる

オーストラリアでブルース・ウィリス主演映画の評価をめぐって映画ファンが口論となり、男性が相手から鼻を食いちぎられるという事件が起こった。

被害者の19歳の男性は、食いちぎられた鼻の一部を縫合する手術を受けた。

事件は、日曜日の夜にシドニーから200キロ離れた町の映画館で、ブルース・ウィリス主演映画「Sin City(シン・シティ)」が上映されている映画館の外で起こった。

警察によれば、被害者と加害者は、映画の出来をめぐって口論となったという。映画はフランク・ミラー原作による邪悪な大都市を舞台にしたタフガイとセクシーな女性たちによるストーリー。映画全体を通して表現される暗闇とCGを駆使した映像が批評家にも絶賛されているが、連続して登場するバイオレンスシーンには非難する声もある。

警察では、いまだに加害者を捜索中である。

「最初は話し合いだった。映画がいかによかったか、ということを話しているうちに、激論になった」と警察では話している。

写真はこの映画に登場するブルース・ウィリスのキャラクターのアクション・フィギュアなのですが、似てますね~。
 
はみだしでも書いたように、私はコンタクトレンズが欠かせない(Lasik希望)人間で、コンタクトレンズもしゅっちゅう曇るもんで、当たり前のように読み間違いというか、雰囲気読みをしてしまうので「ショーン・ペン ロンドンで頭のシリコンがズレ落ちる!」とか脳内スクープを勝手に発生させちゃってひとりでドキドキしたりするのですが、今回はこのブルース・フィギュアの商品説明

2005年10月公開の映画「シン・シティ」の1/4スケールのトーキングフィギュア、ブルース・ウィリス演ずる老刑事・ハーティガン。薄汚い都市の中に生きる正義の男、精巧に再現されたルックスで、

「2005年10月公開の映画「シン・シティ」の1/4スケールのトーキングフィギュア、ブルース・ウィリス演ずる老刑事・ハーティガン。薄ハゲ~」
と雰囲気読みしてしまって、「そこまで精巧にしなくても…」と頼まれてもいないのに、切なくなったりしてみました。

ハリウッド男優が掲示板で3Pメンバー募集って…誰? 結局、“3人による宴(うたげ)”は行われたのでしょうかね?


**[この記事への直リン用URL]**2005年07月18日 22:47(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/